ラズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Laz
Blason ville fr Laz (Finistère).svg

Laz.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) シャトーヌフ=デュ=フー小郡
INSEEコード 29122
郵便番号 29520
市長任期 ヴィタル・ルアルン
2001年 - 2008年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Haute Cornouaille
人口動態
人口 696人
2010年
人口密度 20人/km2
住民の呼称 Lazien, Lazienne
地理
座標 北緯48度08分 西経3度50分 / 北緯48.13度 西経3.83度 / 48.13; -3.83座標: 北緯48度08分 西経3度50分 / 北緯48.13度 西経3.83度 / 48.13; -3.83
標高 平均:m
最低:31m
最高:295 m
面積 34.44km2
Lazの位置(フランス内)
Laz
Laz
テンプレートを表示

ラズLaz)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

概要[編集]

ラズは、標高が低めの丘陵で森林に覆われたノワール山地(fr)の中心に位置する。ノワール山地は、東のモルビアン県グランから、西のグエゼックまでのおよそ30kmを占める。

コミューンの住民は、広い範囲に分散する小さな村(village)で暮らしている。これは他の地域では集落(hameaux)という名称にあたる。これら村は、オデ川に面した南側斜面や、北にあるオルヌ川の運河、閘門での素晴らしい眺めを訪問者や観光客に提供する。

地理[編集]

歴史的に、町は出来事の豊富な地方の中心にあった。ローマによる植民地化の証拠があり、有名なブルターニュの聖人による福音伝道が行われ、いくらかの史跡と多くの名称が中世の痕跡となっている。

1486年、ラズ領主は、現在のサン=ゴアゼックにあるメングルズ・モゲールで、スレート石の切り出しを行っていた[1]

フランス革命時代は、続いて発生したシュアヌリ反乱と、やせた土地が目立った出来事だった。この状態は19世紀半ばまで続き、その後農業技術の導入が発展を助けた。

人口は1920年代をピークに減少し続けている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1025 996 863 786 706 694 753 696

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]