サン=ゴアゼック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Goazec
Façade Trévarez.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) シャトーヌフ=デュ=フー小郡
INSEEコード 29249
郵便番号 29520
市長任期 ジャン=クロード・グイフレ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Haute Cornouaille
人口動態
人口 699人
2010年
人口密度 21人/km2
住民の呼称 Saint-Goazien, Saint-Goazienne
地理
座標 北緯48度09分52秒 西経3度46分51秒 / 北緯48.164444444度 西経3.780833333度 / 48.164444444; -3.780833333座標: 北緯48度09分52秒 西経3度46分51秒 / 北緯48.164444444度 西経3.780833333度 / 48.164444444; -3.780833333
標高 平均:m
最低:33m
最高:295m
面積 33.76km2
Saint-Goazecの位置(フランス内)
Saint-Goazec
Saint-Goazec
公式サイト Site de la commune
テンプレートを表示

サン=ゴアゼックSaint-Goazecブルトン語:Sant-Wazeg)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

川の堰

サン=ゴアゼックは、北を水路整備されたオーヌ川と、西側をオーヌ川支流と境界を接している。コミューンは非常に起伏が激しい地形をしており、ノワール山地の峰がいくつかある。オーヌ川谷にある、コミューン南端の山Roc'h an Aotroùは標高304mである。Menez an Dug山の麓にオデ川の水源がある。

歴史[編集]

一部の作家たちによれば、サン=ゴアゼックの名の発祥は聖パトリキウスの弟子でアイルランドで司教となったWoazecまたはGwazecからきているという。名前が記されたのは遅く、これが唯一のSant Wazecであった可能性がある。その名は文字通り『水源や流れのある豊かな谷』を意味する。

サン=ゴアゼックはコンコルダートの時にラズ教区から分離されて独立した教区となった。サン=ゴアゼックはかつて二番手の小教区であった。サン=ゴアゼックはかつて封建領主であるラズ領主に依存しており、ラ・ロッシュやラズの教区はコルヌアイユ司教座に属していた。以下の名称がかつて書き残された。Saint Goazec(1643年)、Saint Ouazec(1695年)、Saint Goazec(1700年)である。

1486年、ラズ領主たちはサン=ゴアゼックにあるメングルズ・モゲール(Mengleuz-Moguer)と呼ばれる場所でスレート石の切り出しを行っていた。15世紀から16世紀にかけ、サン=ゴアゼックのスレート石でカンペールのサン・コランタン大聖堂やルーアンサン・マクルー教会の屋根がふかれた[1]

1601年、トレヴァレズの城と荘園はジャン・ド・ランロエ(Jean de Linloët)の所有だった。この土地は1623年にラ・ロッシュ・エ・ラズ侯爵夫人アンヌ・ド・コアタヌズルとその家族に継承された。その後土地はトレヴァレズに住むケルヌズヌ家のものとなった。そしてトレゴアゼックの土地はモンジャレ・ド・ケルジェギュ家が直後に取得した。面積は2600ヘクタール、農地は1200ヘクタールで40箇所の農場に分割されていた。700ヘクタールは荒地、700ヘクタールは森であった。

サン=ゴアゼックは過去数世紀(18世紀から19世紀)にかけ行われていた、材料を森から調達したサボ(木靴)製造と炭焼きで知られていた。スレート石の切り出しは1950年代から1960年代にかけて中断された。

リック採石場はブルターニュ最大級の規模であった。深さ80m、全長180m、幅は160mあった。元々はメングルズ・モゲールの名で操業していた。1866年にケルジェギュ家が採石場の名を変えた。1904年には170人の石工が働いていたが、第一次世界大戦世界大恐慌が原因で減少した(1935年には12人が働いていたにすぎなかった)。第二次世界大戦後に閉鎖されたが、1960年代から1980年代にささやかであるが一時的に職人の手による採石を再開していた[1]

1847年、ルイ・ド・ケルジェギュによってトレヴァレズ農業学校が開校した。1865年、本校がノワール山地中心部にあるケルヴァゼックに移転した。面積188ヘクタールのうち40ヘクタールが農地、16ヘクタールの牧草地、118ヘクタールの森林を持つ農業高校は1866年に開校した。学校で毎年十数人の実習生が学んだ。農業学校は栽培、灌漑、排水、飼料のやり方など新しい方法の普及に務めた[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1042 976 845 876 771 725 707 699

参照元:1999年までEHESS[3]、2000年以降INSEE[4][5]

史跡[編集]

トレヴァレズ城 - フランス歴史文化財。1968年にフィニステール県議会によって修復された。

脚注[編集]

  1. ^ a b Léna Gourmelen, Ardoise en Bretagne, Coop Breizh, 2008, [ISBN 978-2-84346-383-9]
  2. ^ "Les Primes d'honneur, les médailles de spécialités et les prix d'honneur des fermes-écoles décernés dans les concours régionaux en France", Imprimerie nationale, consultable http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k5628088t/f590.pagination.r=Le+Faou.langFR
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=32195
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr