ラグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグラスのパノラマ
Lagrasse

Blason ville fr Lagrasse (Aude).svg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) オード県Blason non-officiel département fr Aude.svg
(arrondissement) カルカソンヌ郡
小郡 (canton) ラグラス小郡
INSEEコード 11185
郵便番号 11220
市長任期 ルネ・オルテガ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Canton de Lagrasse
人口動態
人口 601人
2007年
人口密度 19人/km2
住民の呼称 Lagrassiens
地理
座標 北緯43度05分30秒 東経2度37分17秒 / 北緯43.0916666667度 東経2.62138888889度 / 43.0916666667; 2.62138888889座標: 北緯43度05分30秒 東経2度37分17秒 / 北緯43.0916666667度 東経2.62138888889度 / 43.0916666667; 2.62138888889
標高 平均:m
最低:82m
最高:586 m
面積 32.2km2 (3202ha)
Lagrasseの位置(フランス内)
Lagrasse
Lagrasse
テンプレートを表示

ラグラスフランス語:Lagrasseオック語:La Grassa)は、フランスオクシタニー地域圏オード県コミューン

地理[編集]

ラグラスは、オルビュー川が交差する谷の底にあり、コルビエール地方に属する。バス=コルビエール地方と呼ばれるこの一帯は、マツや地中海性の植生に覆われた丘が特徴である。丘の斜面ではワイン用のブドウ栽培が盛んで、地元産のワインが作られている。

歴史[編集]

ラグラスの歴史は、ネブリディウスとその同志たちが谷の底に定住してから生まれたサント=マリー・ド・ラグラス修道院の歴史と絡み合っている。778年、カール大帝は修道院の源となる憲章を発し、修道院はのちにフランス有数の規模に成長した。

フランス革命時代、修道院は国家資産として2つに分割され、バルテルミー・ダルニが半分を購入した。彼の代理人であったヴィクトール・アンニュイックは、修道院内の全ての彫像を破壊した。今日、修道院の一部が公開されており、修道士たちの居住部分は私有である。村には多くの芸術家や職人の家があり、観光客を大勢ひきつけている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2007年
622 665 623 696 704 615 603 601

参照元:INSEE[1]

史跡[編集]

ラグラスは中世のバスティードの観点から建設されており、古い壁の残骸や古い住宅が多く残る

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lagrasse sur le site de l'Insee
  2. ^ Marcel Prade - Les ponts monuments historiques - pp.81 - Brissaud - Poitiers - 1988 - ISBN 2-902170-54-8