ラウラ・マンチネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラウラ・マンチネッリ
Laura Mancinelli
誕生 (1933-12-18) 1933年12月18日
イタリア王国の旗 イタリア王国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネ
死没 2016年7月7日(2016-07-07)(82歳)
イタリアの旗 イタリアピエモンテ州トリノ
国籍 イタリアの旗 イタリア
最終学歴 トリノ大学
代表作 『The Twelve Abbots of Challant』
『The Miracle of Saint Odilia』
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ラウラ・マンチネッリ(Laura Mancinelli, OMRI1933年12月18日 - 2016年7月7日)は、イタリアウーディネ出身の著作家ドイツ研究者・中世研究者[1]

大学講師、翻訳者、中世史のエッセイスト歴史小説の著者でもある[2]

生涯[編集]

1933年フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネに生まれ、4年間をトレンティーノ=アルト・アディジェ州ロヴェレートで過ごし、1937年に一家でピエモンテ州トリノに移った。

トリノ大学ではドイツ文学(主に現代文学)を専攻し、1956年に学位を取得した。

彼女の博士号取得後、彼女は中世のドイツ文化への情熱を諦めることなく教えました。 1969年に彼女はエッセイ ニーベルングの歌。 問題と価値

1970年、サッサリ大学でドイツ語学を学び、ドイツ人ラディスラオ・ミットナーによってヴェネツィアを呼び、1976年ヴェネツィア大学大学でドイツ語の歴史学の椅子を得ました。

あなたの同僚と友人のアドバイスで、クラウディオ・マグリスは、1972年に編集し、元の巻からイタリア語に翻訳し、ニーベルンゲンの歌1978年にはトリスタン(原題、: Tristan (Gottfried von Straßburg))、1989年にはグレゴリオス(原題、: Gregorius oder Der gute Sünder哀れなハインリヒが続いた。

大学椅子ゲルマン文献学のホルダーとして、トリノに帰国後 1981年にローラ マンチネルリ彼女のデビュー小説では、発行、12 シャラン アボッツ、著者のいた歴史小説の同じ年の勝者1968年書き込みを開始しました。後来たイリノイゴーストモーツァルトの 1986年1989年に聖 Odilia の奇跡

1990年代初頭、多発性硬化症の影響で、ローラ・マンシネッリはドイツ語の言語学の講座を辞めた。

1994年からは、入院や長いリハビリにもかかわらず、執筆活動に専念し、10年間で15冊以上の作品を発表した。

2009年には小説『Gli occhiali di Cavour』を出版し、2011年には『Due storie d'amore』を出版した。

マンシネッリは2016年7月7日、病気のためトリノで亡くなりました[3][4][5][6]。告別式は2016年7月11日にトリノの記念碑的な墓地で行われ、葬儀は作家が小説の一つの舞台としていたスーザ渓谷のエグジーユで行われた。

主要作品[編集]

小説[編集]

  • I dodici abati di Challant (1981; English translation: The Twelve Abbots of Challant, 2003)
  • 1986年 Il fantasma di Mozart
  • Il miracolo di santa Odilia (1989; English translation: The Miracle of Saint Odilia, 2003)
  • 1993年 Gli occhi dell'imperatore
  • 1996年 I tre cavalieri del Graal
  • 1999年 Il principe scalzo
  • 2002年 Andante con tenerezza

脚注[編集]

関連項目[編集]