クラウディオ・マグリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラウディオ・マグリス
Claudio Magris
Claudio Magris-b02.jpg
誕生 (1939-04-10) 1939年4月10日(83歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国トリエステ
職業 作家翻訳家
国籍 イタリアの旗 イタリア
代表作 Danubio
主な受賞歴 受賞歴参照
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

クラウディオ・マグリスイタリア語: Claudio Magris1939年4月10日 - )は、イタリア学者翻訳家作家

経歴[編集]

1939年、トリエステに生まれた。トリノ大学ドイツ人文科学を学び1962年に卒業、フライブルク大学への留学を経て、1978年からトリエステ大学で近代ドイツ文学の教授となった。イタリアの日刊紙コリエーレ・デラ・セラやその他ヨーロッパの雑誌・新聞において、コラムニストエッセイストとして活躍している。マグリスが行った多数の研究は、中央ヨーロッパの文化やハプスブルク家の神話に関する文学について、イタリアで認識が広まる一助となった。

マグリスはまた、ヨーロッパの複数の学会に所属し、1994年から1996年までイタリアの元老院議員を務めていた。

マグリスが最初に執筆したのは、近代オーストリア文学におけるハプスブルク家の神話が中央ヨーロッパ文学を再発見させた。彼のジャーナリスティックな文章は、1978年の「Dietro le parole」や1982年の「Itaca e oltre」にまとめられている。また、E.T.A.ホフマンヘンリック・イプセンイタロ・ズヴェーヴォロベルト・ムージルヘルマン・ヘッセホルヘ・ルイス・ボルヘスに関するエッセイを書いている。マグリスの小説や劇作品には、多言語に翻訳されているものが多くある。

マグリスにとって大きな転換点となったのは、代表作とも言える1986年の「Danubio」であった。この本の中で、マグリスはドナウ川を源流から河口までの流れを追っている[1]。この旅を通じ、多文化的なヨーロッパの歴史の色鮮やかかつ色彩豊かな背景が展開されている。

2009年5月、スペイン政府よりスペイン芸術文学勲章を受勲した。それによりExcelentísimo Señorの待遇となっている。

主要作品[編集]

など。

日本語訳された作品[編集]

  • 「オーストリア文学とハプスブルク神話」 鈴木隆雄訳 書肆風の薔薇 1990年
  • 「ドナウ ある川の伝記」 池内紀NTT出版 2012年
  • 「世界浪曼派 ミクロコスミ」 二宮大輔訳 共和国 2022年

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ マイケル・ブース 『ありのままのアンデルセン ヨーロッパ独り旅を追う』晶文社、2017年、476頁。ISBN 978-4-7949-6950-7