ライマン・アルファ輝線天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ライマンα輝線天体(ライマン・アルファきせんてんたい、: Lyman alpha Blob、LABs[1] )、またはライマンαエミッター(: Lyman alpha emitter、LAEs)は狭帯域フィルターを使ってライマンαの輝線を捉える方法により同定された高赤方偏移天体。

ライマンブレーク銀河と重複する銀河も含まれている。

参照[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]