青色コンパクト矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 1705

青色コンパクト矮小銀河(せいしょくコンパクトわいしょうぎんが[1])または(あおいろ -[2], blue compact dwarf galaxy, BCD)は、若く高温で大質量の恒星からなる大きな集団を形成しているが、全体としては小規模な銀河である[3]スペクトルの中の青色領域に強い輝線あるいは連続輝線が認められる。これはスターバーストに起因していると考えられている[1]

局部銀河群の近傍にあるものでは、NGC 1705[3]NGC 2915[3]NGC 3353[4]などが例として挙げられる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Ian Ridpath 編 『オックスフォード天文学事辞典』 岡村定矩 監訳、朝倉書店、2003年、222頁。
  2. ^ Ian Ridpath 編 『オックスフォード天文学事辞典』 岡村定矩 監訳、朝倉書店、2003年、2頁。
  3. ^ a b c David Darling, "blue compact dwarf galaxy (BCD)", Accessed on line November 15, 2010.
  4. ^ G. R. Meurer, G. Mackie and C. Carignan, "Optical observations of NGC 2915: A nearby blue compact dwarf galaxy", The Astronomical Journal, vol.107, no.6 (June 1994), pp. 2021–2035.