ライプツィヒ・バッハ資料財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ライプツィヒ・バッハ資料財団
Bosehaus Leipzig Straßenfront 1.jpg
ライプツィヒ・バッハ資料財団、2013年
正式名称 Bach-Archiv Leipzig
日本語名称 ライプツィヒ・バッハ資料財団
所在地 ドイツの旗 ドイツ
04109
ライプツィヒ
Thomaskirchhof 15/16
北緯51度20分20秒東経12度22分20秒座標: 北緯51度20分20秒 東経12度22分20秒
所長 PD Dr. Peter Wollny、ジョン・エリオット・ガーディナー
設立年月日 1950年11月20日[1]
公式サイト http://www.bach-leipzig.de/de
テンプレートを表示

ライプツィヒ・バッハ資料財団(ライプツィヒ・バッハしりょうざいだん、ドイツ語: Bach-Archiv Leipzig)は、音楽家ヨハン・ゼバスティアン・バッハに関する研究機関であり、文書館、バッハ博物館、ライプツィヒ・バッハ音楽祭ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールを運営している[2]

バッハ没後200年の1950年に設立され、現在ライプツィヒ大学の附属機関となっている[1]。バッハがカントル (教会音楽家)を務めた聖トーマス教会の隣に位置する。

脚注[編集]

[ヘルプ]