ヨーロッパビンズイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨーロッパビンズイ
Anthus triviallis (Marek Szczepanek).jpg
ヨーロッパビンズイ Tree Pipit
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: セキレイ科 Motacillidae
: タヒバリ属 Anthus
: ヨーロッパビンズイ
A. trivialis
学名
Anthus trivialis
(Linnaeus, 1758)
和名
ヨーロッパビンズイ
英名
Tree Pipit

ヨーロッパビンズイ(ヨーロッパ便追、学名:Anthus trivialis)は、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ヨーロッパから西アジア中央アジアにかけて生息し、冬季にはアフリカ南アジアまで長い距離を移動する。

日本では迷鳥として、新潟県粟島石川県舳倉島対馬沖縄本島で記録されている。

形態[編集]

体長約15.5cm。茶色の筋と黒い模様がある白い腹と淡黄色の胸を持ち、外見ではマキバタヒバリとほとんど区別がつかないが、マキバタヒバリの方が若干小さい割りにくちばしが大きく、胸の淡黄色と腹の白色の対比がはっきりしている。またヨーロッパビンズイの方が木に停まっている時間が多い。


生態[編集]

類縁種が静かに鳴くのに比べて、この鳥の鳴き声は激しい。また飛行はミスがなく正確である。一度木から少し飛び上がって翼を丸めて降下する。

繁殖地は開けた林地や低木地帯である。地面に巣を作り一度に4から8個の卵を孵す。主食は虫であるが、植物の種子も食べる。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
スズメ小目 Passerida
スズメ上科 Passeroidea

関連項目[編集]