マキバタヒバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マキバタヒバリ
マキバタヒバリ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: セキレイ科 Motacillidae
: タヒバリ属 Anthus
: マキバタヒバリ
A. pratensis
学名
Anthus pratensis
(Linnaeus, 1758)
和名
マキバタヒバリ 
英名
Meadow Pipit
Anthus pratensis

マキバタヒバリ(牧場田雲雀、学名:Anthus pratensis)は、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ヨーロッパ北部から西シベリア北部、アイルランド、アイスランド等で繁殖し、冬季はアフリカ北部からヨーロッパ南部、小アジア、中近東へ渡り越冬する。

日本では迷鳥として1997年福岡県で記録され、その後沖縄県や、石川県舳倉島奄美大島でも記録されている。

形態[編集]

体長約14cm。雌雄同色である。頭からの上面は緑褐色で、黒褐色の斑が各羽にある。眉斑は不明瞭で、ほとんど目立たない。喉から下尾筒までの体下面は淡褐色。

後趾の爪は黒く、直線的で長い。

生態[編集]

牧草地や草地、農耕地に生息する。

鳴き声は、「チュイッ」、「ピッ ピッ」など。


Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
スズメ小目 Passerida
スズメ上科 Passeroidea
セキレイ亜科 Motacillinae

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目[編集]