ヨハネス20世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヨハネス20世(Ioannes XX)は、実在しないローマ教皇である。

概要[編集]

11世紀歴史家は、ヨハネスという教皇対立教皇ボニファティウス7世と正統な教皇ヨハネス15世の間に存在したと信じていた。これは、教皇についての伝記『教皇の書』(Liber Pontificalis)におけるヨハネス14世についての記述の誤読に起因するものである。『教皇の書』では、ヨハネス14世の任期について、教皇として在位していた8か月とは別に、ボニファティウス7世に幽閉されていた4か月間についても記載され、次のように書かれていた。

Iohannes m. VIII (ヨハネス、8か月)
Iohannes m. IV (ヨハネス、4か月)

11世紀に入って、この記述は2人の異なる教皇ヨハネスを指しているものと誤読されるようになった。2人のヨハネスを区別するために、2人目の「ヨハネス14世」については"Iohannes XIV. bis"(ヨハネス14世その2)と呼ばれるようになり、ヨハネス14世の死後にボニファティウス7世と対立した枢機卿の助祭ヨハネスと混同された。ヨハネス15世からヨハネス19世までは「ヨハネス14世その2」の存在を軽視していたとして、1276年に教皇に選出されたペドロ・ジュリアォンは「ヨハネス21世」を名乗ることでこの「誤り」を「修正」した。

19世紀になって、「ヨハネス14世」に関する誤りが発見され、現在では歴代のローマ教皇については在位中に使用していた番号で記載されている。よって、在位中に「ヨハネス20世」を名乗った教皇は存在しない。ただし、一部の資料で、15世から19世について16世から20世と書いているものがあるため、「15世(16世)」のような併記をすることがある。逆に、ヨハネス21世に20世と併記しているものもある。

何人かは、ヨハネスという教皇にまつわる数え方の混乱を、女教皇ヨハンナが実在した「証拠」として使っている。

ジェームズ・ブランチ・キャベルのユーモアファンタジー小説『ユルゲン』[1]では、主人公はこの欠落を知っており、これを利用する。主人公は誰ともかちあうことのないヨハネス20世のふりをして、天国へ入り込む。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]