ユンナンキサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユンナンキサン
識別情報
CAS登録番号 139713-81-8 チェック
PubChem 11226788
ChemSpider 4474732
ChEMBL CHEMBL245750
特性
化学式 C31H46O9
モル質量 562.69 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ユンナンキサンは、インドイチイ英語版から単離されたジテルペノイド生理活性のあるタキサンである。ユンナンキサンは後にイチイチュウゴクイチイ英語版細胞を培養して合成された。構造が同じユンナンキサンのエステルイチイ属から合成されている。試験管内では、ユンナンキサンが抗がん活性を示すことが分かっている[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chen WM, Zhang PL, Wu B, Zheng QT (1991). "[Studies on the chemical constituents of Taxus yunnanensis].". Yao Xue Xue Bao 26 (10): 747–54. PMID 1688071. 
  2. ^ Ma W, Stahlhut RW, Adams TL, Park GL, Evans WA, Blumenthal SG et al. (1994). "Yunnanxane and its homologous esters from cell cultures of Taxus chinensis var. mairei.". J Nat Prod 57 (9): 1320–4. PMID 7798969. 

関連項目[編集]