ユリシーズ・S・グラント (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Ulysses S Grant SSBN-631.jpg
艦歴
発注: 1961年7月20日
起工: 1962年8月18日
進水: 1963年11月2日
就役: 1964年7月17日
退役: 1992年6月12日
その後: 原子力艦再利用プログラム
除籍: 1992年6月12日
性能諸元
排水量:
全長: 425 ft (129.5 m)
全幅: 33 ft (10.1 m)
吃水:
機関: 原子力ギアード・タービン推進
GE S5W原子炉 1基
最大速:
兵員:
兵装: ミサイル発射管16門、
21インチ魚雷発射管4門

ユリシーズ・S・グラント(USS Ulysses S. Grant, SSBN-631)は、アメリカ海軍原子力潜水艦ジェームズ・マディソン級原子力潜水艦の5番艦。艦名は第18代大統領ユリシーズ・S・グラントに因む。グラント大統領に因んで命名された艦としては3隻目(先の2隻はU・S・グラントと名付けられた)。

艦歴[編集]

ユリシーズ・S・グラントの建造は1961年7月20日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクスエレクトリック・ボート社に発注され、1962年8月18日に起工した。1963年11月2日にデヴィッド・W・グリフィス夫人(グラント将軍の曾孫娘)によって命名、進水し、1964年7月17日にブルー班のJ・L・フロム・ジュニア艦長の指揮下就役する。9月にフロム艦長に代わってC・A・Kマクドナルド艦長がゴールド班と共に着任した。

整調後ユリシーズ・S・グラントは1964年12月前半にグロトンを出航し太平洋に向かう。大晦日パナマ運河を通過し、1965年1月に真珠湾に到着した。その後マリアナ諸島に展開し、グアムを拠点として1969年まで作戦活動に従事する。ユリシーズ・S・グラントは18回の戦略抑止哨戒を行い、1969年に西太平洋を離れ帰国する。ワシントン州ブレマートンピュージェット・サウンド海軍工廠オーバーホールポセイドン・ミサイル運用改修を行った後、1970年にスコットランドホーリー・ロッホを拠点として、1975年9月までヨーロッパ海域で活動する。

1980年代中頃にユリシーズ・S・グラントはメイン州キタリーポーツマス海軍造船所でオーバーホールと燃料補給を受ける。オーバーホール後、ブルー班乗組員は1987年7月31日のミサイル発射試験を含む示威整調活動(Demonstration and Shakedown Operations, DASO)を完了した。その後グロトンの潜水艦基地に帰還し、乗組員はマイケル・P・マクブライド艦長に率いられたゴールド班と交代した。1989年からユリシーズ・S・グラントは潜水母艦フルトン (USS Fulton, AS-11) と共にホーリー・ロッホを拠点として活動した。

ユリシーズ・S・グラントは1992年6月12日に退役し同日除籍された。その後1993年10月23日にワシントン州ブレマートン原子力艦再利用プログラムに従って解体された。

ユリシーズ・S・グラントの艦内時鐘は、ブレマートンの潜水艦基地で保管される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]