ポーツマス海軍造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポーツマス海軍造船所
Portsmouth Naval Shipyard
メイン州キタリー
Portsmouth Naval Shipyard.jpg
2004年撮影
座標 北緯43度4分44秒 西経70度44分3秒 / 北緯43.07889度 西経70.73417度 / 43.07889; -70.73417座標: 北緯43度4分44秒 西経70度44分3秒 / 北緯43.07889度 西経70.73417度 / 43.07889; -70.73417
種類 造船所
施設情報
管理者 アメリカ合衆国海軍の旗 アメリカ海軍
歴史
建設 1800年
使用期間 1800年-
使用戦争
ポーツマス海軍造船所
所在地: メイン州キタリー
面積: 54エーカー (22 ha)
建築様式: 植民地様式、ギリシア復興様式英語版
運営者: 連邦政府
NRHP登録番号: 77000141[1]
NRHP指定日: 1977年11月17日
駐屯情報
現指揮官 ウィリアム・グリーン大佐 (William Greene)

ポーツマス海軍造船所 (ポーツマスかいぐんぞうせんじょ、Portsmouth Naval Shipyard) は、アメリカ合衆国メイン州キタリーにあるアメリカ海軍の造船所(海軍工廠)。ポーツマス海軍工廠 (Portsmouth Navy Yard) とも呼ばれる。

造船所はピスカタカ川の中洲にあり、名の由来となったニューハンプシャー州ポーツマス市は川を挟んだ対岸にある。

この海軍工廠において、日露戦争講和条約であるポーツマス条約が交渉・調印された。

概要[編集]

工廠は1800年に開設されており、アメリカ合衆国で最も古い海軍工廠の一つである。1814年には74門搭載の戦列艦ワシントンUSS Washington)」が建造されている。また、1974年まではポーツマス海軍刑務所Portsmouth Naval Prison)も併設されていた。

1905年にはセオドア・ルーズベルト大統領の仲介により、ポーツマス条約の交渉地となった。日本とロシアの代表団は、ポーツマス市の隣のニューキャッスルNew Castle, New Hampshire)のホテルから、船で工廠に赴いて交渉を行った。2005年には調印100周年の記念式典が行われている。

2005年に一時、工廠の閉鎖が検討されたものの、従業員をはじめとする反対運動が行われ、閉鎖は撤回されることとなった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度4分44秒 西経70度44分3秒