ユカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユカン
(クロンキスト体系)
Phyllanthus officinalis.jpg
ユカン
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid I / Fabidae
: キントラノオ目 Malpighiales
: コミカンソウ科 Phyllanthaceae
: コミカンソウ属 Phyllanthus
: ユカン P. emblica
学名
Phyllanthus emblica L.
和名
ユカン、アンマロク、マラッカノキ、アムラ、アマラキ
英名
Indian gooseberry、myrobalan

ユカン(油柑、学名Phyllanthus emblica[1]は、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科コミカンソウ属落葉高木マラッカノキアンマロク[2](庵摩勒:サンスクリット名 amalaka から)、アムラ[3]ともいい、中国では余甘子などと呼ばれる。インドから東南アジアにかけての原産で熱帯・亜熱帯に栽培され、果実が食用になる。横向きの小枝に長楕円形のが2列、密に互生する。葉腋に緑色のが咲き、秋に果実が熟す。

英語では myrobalanミロバラン)と呼ぶが、これは本種のほかシクンシ科モモタマナ属Terminalia)のカリロク(参照: ミロバランノキ T. chebula)やバラ科スモモ属ミロバランスモモ(別名: cherry plum; 学名: Prunus cerasifera)のように分類学的にまるで異なる複数の種を指し得る[1]

利用[編集]

果実はインドで古くから食用・薬用に利用されている。繊維質で酸味とタンニンによる渋味があり、そのままあるいは料理の材料として食用にされるが、南インドでは特に漬物とすることが多い。ビタミンCを豊富に含む[4]アーユルヴェーダにて使用されるハーブの一つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「myrobalan」『小学館ランダムハウス英和大辞典』 小学館ランダムハウス英和大辞典 第2版 編集委員会、小学館1994年、第2版。全国書誌番号:94015254ISBN 4-09-510101-6NCID BN09918103OCLC 883195594ASIN 4095101016
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2018年11月22日).
  3. ^ アムラとは (日本アムラ協会). 2018年11月22日閲覧。
  4. ^ アムラとは (日本アムラ協会). 2018年11月22日閲覧。