モーリス・グリーン (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーリス・グリーン
Maurice Greene
Maurice Greene by Francis Hayman.jpg
モーリス・グリーン(フランシス・ヘイマン作)
基本情報
生誕 1696年8月12日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
死没 (1755-12-01) 1755年12月1日(満59歳没)
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドの旗 イングランド、ロンドン
職業 作曲家、オルガン奏者

モーリス・グリーン(Maurice Greene, 1696年8月12日1755年12月1日)は、イギリス作曲家オルガン奏者。

聖職者の子としてロンドンに生まれる。 ジェレマイア・クラークとチャールズ・キングのもと、セント・ポール大聖堂の少年聖歌隊員となる。リチャード・ブラインドの元でオルガンを学び、ブラインドの死後は大聖堂のオルガン奏者となった。

1727年にウィリアム・クロフトが亡くなると、王室礼拝堂のオルガン奏者となり、1730年にはケンブリッジ大学の音楽の教授となる。1735年からは英国王室楽長となった。

外部リンク[編集]