モンルイ (シェール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Montlouis
Église Saint-Martin de Montlouis.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Blason fr Centre-Val de Loire.svg
(département) シェール県Blason département fr Cher.svg
(arrondissement) サンタマン=モンロン郡
小郡 (canton) シャトーメイヤン小郡
INSEEコード 18152
郵便番号 18160
市長任期 イザベル・ユー
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Arnon Boischaut Cher
人口動態
人口 109人
2014年
人口密度 5.7人/km2
地理
座標 北緯46度48分54秒 東経2度14分27秒 / 北緯46.815度 東経2.2408度 / 46.815; 2.2408座標: 北緯46度48分54秒 東経2度14分27秒 / 北緯46.815度 東経2.2408度 / 46.815; 2.2408
標高 平均:? m
最低:152m
最高:181m
面積 18.98km2
Montlouisの位置(フランス内)
Montlouis
Montlouis
テンプレートを表示

モンルイMontlouis)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏シェール県コミューン

地理[編集]

アルノン川の支流オゾン川がコミューンを横切る。コミューンは、生乳の生産地にあたり、ヴァランセ・チーズの生産・熟成の地理的区域内でもある[1]

歴史[編集]

ローマ時代のヴィッラは何も見つかっていないが、カロリング朝時代の硬貨の発見は、この地の古代からの定住を証明している[2]。1123年にこの地はキリスト教の教区だった。その後、ブールジュ司教の聖オストレジェジル(fr)の教会参事会の傘下にあり、サン・マルタン教会とヴィリエ城の礼拝堂も含まれた。この城にはかつてヴィリエ池という広大な池があったが、16世紀に干上がっている。城で残っているのは2つの塔だけである[3]。かつてルデ集落に城があったことが、1255年に記されている。

モンルイの住民コミュニティは、18世紀初頭のイスーダンのエレクション(fr、行政上・税法上の区)が課せられ、1709年には火税(fr、家の中で煮炊きのため火がつけられることから、世帯について課税するもの)が46世帯、1726年には51世帯に課せられ、人口統計上の危機から逃れた[4]

1844年、近くのコミューン、コンデは、ラ・セル、リニエール、モンルイの間で分割された。

経済[編集]

20世紀半ばまで、コミューンは家畜の飼育が主体だった。土地の区画整理や排水のため、ヤギやシャロレー牛の飼育を継続しながら、コミューンは穀物栽培に転換した[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2014年
211 180 132 124 111 120 115 109

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[5]、2006年以降INSEE[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ Site de l'Institut national de l'origine et de la qualité : Valençay, consulté le 15 août 2014.
  2. ^ a b Jean-Luc Flohic (direction), Le patrimoine des communes du Cher, t. I et II, Flohic Éditions, 2001, 1128 p. (ISBN 2-84234-088-4, notice BnF no FRBNF37215652), « Montlouis », p. 641-642
  3. ^ Le château a servi de décor pour le téléfilm « L'Œil du sorcier » (1979).
  4. ^ Olivier Zeller, « Changement agraire et récession démographique : la première enquête Orry (1730). L'exemple de l'élection d'Issoudun », Annales de démographie historique 2/2007 (n° 114), p. 169.
  5. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=23646
  6. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/2534314?geo=COM-18152
  7. ^ http://www.insee.fr