モンテネグロにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンテネグロにおけるLGBTの権利
モンテネグロ
同性間の性交渉 1977年以降合法[1]
性自認/性表現 -
同性間の関係性の承認 考慮されていない
同性カップルによる
養子縁組の引受
-
同性愛者を公表しての軍隊勤務 可能
差別保護 2010年以降性表現及び性自認について保護

モンテネグロにおけるLGBTの権利(モンテネグロにおけるLGBTのけんり)では、モンテネグロにおけるLGBTの法的状況について扱う。

モンテネグロでは、同性愛行為は1977年以降合法となっている[1]。また、行為が法的に認められる年齢も1977年に異性間の性行為と同一と規定された。また、兵役についても同性愛を理由に軍隊組織から排除されることはない。ただし、同性愛カップルの法律上の権利は認められておらず、憲法上も同性婚を禁止している[2]性指向に関する差別からの法的な保護は特に定められていなかったが、2010年7月27日、モンテネグロ国会は性表現及び性自認について差別を禁止する条項を含む法案を通過させた。これはモンテネグロが欧州連合(EU)に加入するための条件として要求されていたことのひとつであった[3]。しかしながらモンテネグロの社会におけるLGBTは差別や迫害に直面する可能性があり、またモンテネグロの社会では同性愛者に対する反感が根深い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
Eastern-Europe-map2.png この「モンテネグロにおけるLGBTの権利」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア