メイジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Meyzieu
Blason ville fr Meyzieu (Rhône).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) メトロポール・ド・リヨン
(arrondissement) リヨン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 69282
郵便番号 69330
市長任期 ミシェル・フォリシエ
2008年-2014年
人口動態
人口 30 807人
(2010)
人口密度 人/km2
住民の呼称 Majolans[1]
地理
座標 北緯45度46分00秒 東経5度00分13秒 / 北緯45.7666777777777度 東経5.0036472222222度 / 45.7666777777777; 5.0036472222222座標: 北緯45度46分00秒 東経5度00分13秒 / 北緯45.7666777777777度 東経5.0036472222222度 / 45.7666777777777; 5.0036472222222
標高 平均:192m
最低:167 m
最高:250 m
面積 23.01km2 (2301ha)
Meyzieuの位置(フランス内)
Meyzieu
Meyzieu
公式サイト http://www.meyzieu.fr
テンプレートを表示

メイジューMeyzieu)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏メトロポール・ド・リヨンコミューン

地理[編集]

メイジューは、ローヌ県、イゼール県アン県の交差する地点にある。リヨンから16km離れている。メイジュー北部は、旧ローヌ川と呼ばれるローヌ川の支流と、そしてグラン・ラルジュ湖へつながるジョナージュ運河と接している。

メイジューは、1968年にイゼール県からローヌ県に編入された。

経済[編集]

1961年、210ヘクタールに及ぶメイジュー・ジョナージュ工業団地がつくられた。理想的な立地から企業進出が相次いで手狭になったため、リヨン都市共同体はゴールヌ工業公園をさらに設置した。現在メイジュー・ジョナージュ工業団地はリヨン地域有数の工業地帯である。

歴史[編集]

メイジューはヴェランのカウンティに属する村だった。村ではオーツ麦やライムギ、アサが栽培され、蚕飼育用のクワの木が植えられていた。メイジュー最後の領主ルイ・ド・ルースは、パルマンティエが紹介する以前にジャガイモ栽培を行わせていた。

1881年、リヨン東部鉄道が開業した。1895年にジョナージュ運河が完成、1910年にトラム路線がメイジューに敷かれた。1893年にはリヨン郊外を守るためのメイジュー要塞がバルデューに築かれた。しかしながら、1920年代から1930年代のメイジューは農業が主流であった。

1950年代までのメイジューの人口増加は目立ったものでなかったが、他大都市同様、北アフリカからの帰国者を受け入れるため集合住宅がつくられるようになって状況が一変する。リヨン都市共同体加入後も、住みやすい場所を求める新住民がメイジューに移り続けた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
4483 10012 19435 26776 28077 28009 29097

Sources : Cassini[2]とInsee[3]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilé sur le site habitants.fr Consulté le 29/09/2008.
  2. ^ « Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui », sur site de l'École des hautes études en sciences sociales (consulté le 30 janvier 2010)
  3. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2007 », sur INSEE (consulté le 30 janvier 2010)