ムラサキヤシオツツジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラサキヤシオツツジ
Rhododendron albrechtii 4.JPG
岩手県八幡平 2018年6月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: ムラサキヤシオツツジ
R. albrechtii 
学名
Rhododendron albrechtii Maxim. (1870)
和名
ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)

ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅、学名:Rhododendron albrechtii)はツツジ科ツツジ属落葉低木。別名、ミヤマツツジムラサキヤシオ

特徴[編集]

高さは1-2mになり、若いには淡褐色の長毛と長い腺毛がやや密に生え、のちに落ち無毛となる。
は互生し、枝先に集まってつき、葉柄は長さ1-3mmになり、淡褐色の長毛が密生する。葉身は長さ4-11cm、幅3-6cmになり、倒卵形または楕円形で、先はとがり先端に腺状突起があり、基部はくさび形で葉柄に流れる。葉の表面には微毛が生え、裏面の葉脈の下部に開出する白毛がやや密生する。

花期は4-6月。葉の展開と同時か先に開花し、枝先の1個の花芽に1-4個のをつける。花柄は長さ5-15mmになり、長毛と腺毛が密生する。花冠は鮮紅紫色で、径4cmの広漏斗形で5深裂し、花冠の上側内面に濃色の斑点がある。雄蘂は10本で、うち上部の5本は短く、花糸に白色の短毛が生え、下部の5本は長く花冠の外側に伸び、無毛。花柱は無毛で子房には腺毛が密生する。果実蒴果で長さ8-10mmの長卵形になる。

分布と生育環境[編集]

北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布し、山地から亜高山の林縁や疎林内などに生育する。低山にも生育することがある。

関連画像[編集]

下位分類[編集]

  • シロバナムラサキヤシオツツジ Rhododendron albrechtii Maxim. f. albiflorum T.Yamaz.
  • ウラゲムラサキヤシオツツジ Rhododendron albrechtii Maxim. f. canescens Sugim.

参考文献[編集]

関連項目[編集]