ムサピィのチョコマーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムサピィのチョコマーカー
ジャンル パズル
対応機種 アーケード(NAOMI)[AC]
ドリームキャスト[DC]
開発元 エコール
発売元 AC:セガ(後のセガ・インタラクティブ
DC:エコール
人数 1〜2人
メディア AC:GD-ROM
DC:GD-ROM
発売日 AC:2002年6月27日
DC:2002年12月26日
テンプレートを表示

ムサピィのチョコマーカー (Musapey's Choco Marker) は、株式会社エコールソフトウェアが開発した、ファンタスティックな3Dアクションパズルゲームである。

概要[編集]

チョコマーカーは、三次元空間に立体的に配置された「チョコ」と呼ばれる立方体のブロックを、「ジャム」と呼ばれる行為で消していくアクションパズルである。最終的には、ジャム不可能な「ボスチョコ」以外のすべてのチョコを消すことを目的とする。

ストーリー[編集]

えこーる森のムササビ神社に住んでいる精霊の兄弟ムサピィとムサッパ。お賽銭やお供え物が少なくなった事を危惧した2匹は、参拝に来た人々の願いを叶えればお賽銭もお供え物も増えるのではないかと考え、の元へと向かう。しかし神に会えるのは知力と感性に優れた者のみ。それを証明するため、2匹は知感パズル『チョコマーカー』に挑む。

ルール[編集]

下記の外部リンク「チョコマーカー普及委員会」に図入りで説明されているのでそちらを参照されたい。

歴史[編集]

外部リンク[編集]