ミー・アット・ザ・ズー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Me at the zoo
動画全編
掲載サイト YouTube
公開日 2005年4月23日(14年前) (2005-04-23
20:27:12 (PDT)
撮影者 ヤコフ・ラピツキー
アップロード者 ジョード・カリム
ユーザーネーム jawed
再生時間 0:19
カテゴリ 映画とアニメ

ミー・アット・ザ・ズー』(原題:Me at the zoo)は、YouTubeに投稿された最初の動画。この動画は2005年4月23日20時27分(PDTUTCでは2005年4月24日3時27分)[1][2]に、YouTubeの創設者の1人であるジョード・カリムが「jawed」というアカウント名で投稿したもので、カリムの高校時代の友人であるヤコフ・ラピツキー (Yakov Lapitsky) によって撮影されたものである[3][4][5]

内容はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴサンディエゴ動物園で撮影された19の映像で、象舎で展示されているの前で、象の「すごくすごくすごく長い鼻」に関心を寄せているカリムの様子が収められている[6][2]

内容[編集]

動画にはハイキングジャケットを着たカリムと[7]、その後ろで干し草を鼻で探る2頭の象が映っている[2][8]。カリムは後ろの象に顔を向けつつ、カメラに向かって他愛もない話をする[2][9]。動画の途中には子供の声やヤギの鳴き声が聞こえる[5][10]

カリムの話の内容は以下の通り。

原文

All right, so here we are in front of the, uh, elephants, and the cool thing about these guys is that, is that they have really, really, really long, um, trunks, and that's, that's cool, and that's pretty much all there is to say.

日本語訳(参考)

さて、象の前にいます。こいつらの好きなところは、すごくすごくすごく長い、鼻を持っているところ。格好良いね。言うべきことはそれくらい。

背景[編集]

YouTubeはPayPalの従業員であったジョード・カリム、チャド・ハーリースティーブ・チェンによって2005年2月14日に設立された。本動画が投稿されたのはそれから2か月ほど後のことである[11]。当時のサイトは非公開であり、同年5月にベータ版が公開、11月に正式にサービスを開始した[11][12]

「jawed」のアカウントは動画の投稿日と同じ日に作成された[13]。このアカウントから投稿された動画は、本動画1本しか確認できない[10]

動画を撮影したラピツキーは当時デラウェア大学英語版で化学工学の博士課程に在籍していて、撮影当日はアメリカ化学会の会合に出席するためサンディエゴを訪れていた[8][14][注 1]。カリムが当時サンディエゴに住んでいたため2人は会う約束をし、動物園で落ち合ったところ、園内の象舎の前でカリムがラピツキーにカメラ(ラピツキー曰く「何の変哲もないコンパクトカメラ」)を手渡し自分のことを撮るよう頼んだため、ラピツキーは動画を撮影した[14]。ラピツキー自身は動画の意図、および何に使われるかをこの時全く知らず、単に動物園で友人の姿をビデオに収めただけであったが、1か月後にカリムからサイトのリンクが送られてきてはじめて自分が果たした役割を知ったという[8][14]。YouTube最初の動画の撮影者となったラピツキーは後に「自分自身が何に巻き込まれているのか全く知らなかった」と述べている[8]

更新[編集]

2013年にYouTubeがコメント投稿者全員にGoogle+のアカウントを持つことを必須にしたところ、カリムはこれに抗議した。その一環として、カリムは本動画の説明文を書き換え、動画内に2つのアノテーションを追加した[16][17]。カリムによって説明文は「ここにはもうコメントを書き込むことはできない、なぜなら私はGoogle+のアカウントを持ちたくないからだ」と変更され[18]、「jawed」のチャンネルには「動画にコメントするのに、どうしてGoogle+のアカウントが必要なんだ、おい?」という怒りのコメントが投稿された[19][20]

このYouTubeとGoogle+のアカウント統合についてはユーザーからも批判の声が上がり、YouTubeは2015年7月にGoogle+のアカウントの必須化をやめることを発表[21]。現在は動画の説明文も変更されている。

受容[編集]

ロサンゼルス・タイムズ』は「YouTubeに投稿された最初の動画として、人々のメディアの消費の仕方を根本的に変える中で重要な役割を果たし、1分で見られる短編動画の黄金時代を築く手助けとなった」と述べた[22]。『オブザーバー』は動画の質が「悪い (poor)」と評している[6]。いっぽうソーシャルメディアマーケターのブレンダン・ガーン (Brendan Gahan) は『ビジネスインサイダー』の記事の中で「YouTubeの最初の動画が何とも奇をてらわない内容だということは驚くべきこと」「YouTubeの動画は趣向を凝らしたものである必要はなく、親しみやすいものであってよいという、いろいろな意味でYouTubeを象徴している動画。YouTube最初の動画は誰しもが創り出すことのできるものだったのだ」とコメントしている[23]

2015年にYouTubeが誕生10周年を記念して公開した動画『The A-Z of YouTube: Celebrating 10 Years』は、アルファベットのAからZの各文字で始まる言葉でYouTubeの10年間を振り返るという内容であったが、最後のZで始まる言葉は「Zoo」であり、本動画が取り上げられた[24]。同年4月23日にはYouTubeのFacebookアカウントで本動画が「#TBT[注 2]」のハッシュタグ付きで紹介され、一時的なバイラル動画となった[25]

本動画はデジタル世界における記念碑的な存在として、世界中の人たちが閲覧しコメント欄にコメントを残している[26]。2019年10月現在、動画の再生回数は7,700万回を超え、コメント欄には353万件以上のコメントが寄せられている[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サンディエゴでは2005年3月13日から17日にかけて、アメリカ化学会の会合(ナショナルミーティング)が開催されていた[15]
  2. ^ Throwback Thursday」の略で、木曜日に過去の画像をSNSに投稿し、一昔前の思い出を振り返るというインターネットのトレンド。2015年4月23日は木曜日だった。

出典[編集]

  1. ^ Extract Meta Data”. www.amnestyusa.org. 2017年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d Heffernan, Virginia (2009年9月6日). “Uploading the Avant-Garde”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/09/06/magazine/06FOB-medium-t.html 2011年4月4日閲覧. "The first video on YouTube was uploaded at 8:27 p.m. on Saturday, April 23, 2005. It’s called “Me at the Zoo,” and it features the musings of Jawed Karim, one of the site’s founders, as elephants nose around in hay behind him." 
  3. ^ Hartley, Matt (2010年2月19日). “Ten of YouTube's most influential videos”. Canwest 
  4. ^ McGuinness, Ross (2010年4月15日). “Elephants to Gaga”. Metro: p. 34. "IT began with a spectacularly ordinary 18-second clip of man at the zoo, watching some elephants... It has been viewed almost 2 million times." 
  5. ^ a b Meltzer, Tom; Phillips, Sarah (2009年10月23日). “G2: A First Time For Everything”. The Guardian (London: Guardian Media Group): p. 14. https://www.theguardian.com/technology/2009/oct/23/internet-history 2018年4月20日閲覧. ""Me at the zoo" is a man called Karim's 18-second long report from the elephant enclosure at San Diego zoo... But its historical significance means that it has had well over a million hits so far." 
  6. ^ a b Hoby, Hermione; Lamont, Tom (2011年4月11日). “How YouTube made superstars out of everyday people”. The Observer (Kings Place, London, England, UK: Guardian Media Group). ISSN 0029-7712. OCLC 50230244. オリジナルの2013年10月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131023101635/http://www.theguardian.com/technology/2010/apr/11/youtube-web-video-stars 2011年5月1日閲覧. "A girl in red hotpants helped elect a US president, a British pensioner became everyone's favourite grandad. In just five years, the YouTube website has invented a new kind of celebrity" 
  7. ^ Seabrook, John (2012年1月16日). “Streaming Dreams”. The New Yorker. 2018年4月20日閲覧。
  8. ^ a b c d Smith, Ryan (2010年5月7日). “UT professor made YouTube history with first video”. Toledo Blade英語版. OCLC 12962717. http://www.toledoblade.com/Opinion/2010/05/07/UT-professor-made-YouTube-history-with-first-video.html 2018年4月20日閲覧。 
  9. ^ 10周年を迎えたYouTube、最初に投稿された動画はコレ”. ギズモード (2015年4月24日). 2018年4月20日閲覧。
  10. ^ a b Saxena, Jaya (2015年4月23日). “The first YouTube clip is 10 years old—and it’s still a masterpiece”. The Daily Dot. https://www.dailydot.com/unclick/tenth-anniversary-first-youtube-video/ 2018年4月20日閲覧。 
  11. ^ a b “YouTube at 10: from 'Me at the Zoo' to 'Gangnam Style'”. The Telegraph. (2015年5月18日). https://www.telegraph.co.uk/technology/google/11589882/YouTube-at-10-from-Me-at-the-Zoo-to-Gangnam-Style.html 2018年4月20日閲覧。 
  12. ^ Kosoff, Maya (2015年4月23日). “This is the first YouTube video ever uploaded — it was posted 10 years ago today”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/first-youtube-video-2015-4 2018年4月20日閲覧。 
  13. ^ jawed - YouTube”. YouTube. 2015年4月25日閲覧。 “2005/04/23 日に登録”
  14. ^ a b c Miller, Beth (2015年2月18日). “UD grad student had no clue his 2005 video would make Internet history”. UDaily. University of Delaware. 2018年4月20日閲覧。
  15. ^ ACS National Meeting”. American Chemical Society. 2018年4月22日閲覧。
  16. ^ Bonanos, Paul (2014年4月23日). “Happy Ninth Birthday YouTube: From 'Me at the Zoo' to a Billion Monthly Visits”. Billboard. 2018年2月14日閲覧。
  17. ^ Villapaz, Luke (2014年4月23日). “First YouTube Video Turns 9: 'Me At The Zoo' Uploaded In 2005, Leading To Worldwide Success For The Video Sharing Site”. International Business Times英語版 (Newsweek Media Group). http://www.ibtimes.com/first-youtube-video-turns-9-me-zoo-uploaded-2005-leading-worldwide-success-video-sharing-1575389 2018年4月21日閲覧。 
  18. ^ Levy, Karyne (2014年4月23日). “This Cheesy Video Was The First Upload On YouTube 9 Years Ago Today”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/this-cheesy-video-was-the-first-upload-on-youtube-9-years-ago-today-2014-4 2018年4月22日閲覧。 
  19. ^ Hern, Alex (2013年11月8日). “YouTube co-founder hurls abuse at Google over new YouTube comments”. The Guardian (London: Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/technology/2013/nov/08/youtube-cofounder-why-the-fuck-do-i-need-a-google-account-to-comment 2018年4月22日閲覧。 
  20. ^ Kelly, Heather (2013年11月9日). “YouTube faces backlash for Google+ integration”. CNN. 2018年4月22日閲覧。
  21. ^ 佐藤由紀子 (2015年7月28日). “YouTube、Google+なしでの投稿・コメント・チャンネル作成が可能に”. ITmedia (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/28/news056.html 2018年4月21日閲覧。 
  22. ^ Pham, Alex (2010年4月10日). “YouTube turns 5, can't wait to grow up”. Los Angeles Times (Los Angeles, California, USA: Eddy Hartenstein). ISSN 0458-3035. OCLC 3638237. オリジナルの2011年4月21日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5y6MI3hAC?url=http://articles.latimes.com/2010/may/17/entertainment/la-et-youtube-20100517 2011年4月20日閲覧. "Born as a clearinghouse for quick, quirky homemade videos, the site now seeks to add more professional — and profitable — content." 
  23. ^ Baer, Drake (2015年2月20日). “The 10 most important Youtube videos of all time”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/most-important-youtube-videos-2015-2 2018年4月20日閲覧。 
  24. ^ YouTube A to Z #HappyBirthdayYouTube”. Official YouTube Blog. YouTube (2015年5月28日). 2018年4月20日閲覧。
  25. ^ Mazza, Ed (2015年4月24日). “First YouTube Video Ever Goes Viral All Over Again On Its 10th Birthday”. HuffPost. https://www.huffingtonpost.com/2015/04/24/first-youtube-video_n_7132898.html 2018年4月20日閲覧。 
  26. ^ 太郎改太郎 (2014年7月7日). “世界で最初にYouTubeにアップロードされた動画はこれだ! 動物園の象さんと男性”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). http://getnews.jp/archives/616102 2018年4月20日閲覧。 
  27. ^ Karim, Jawed (2005年4月23日). “Me at the zoo”. San Diego Zoo, San Diego, California, USA: YouTube. 2017年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]