ミルコ・ジュロフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミルコ・ジュロフスキ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Milko DJUROVSKI
キリル文字 Милко Ѓуровски
基本情報
国籍 マケドニア共和国の旗 マケドニア
生年月日 1963年2月26日(53歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 テトヴォ
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1986 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKレッドスター 115 (54)
1986-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKパルチザン 70 (39)
1990-1992 オランダの旗 FCフローニンゲン 57 (23)
1993 オランダの旗 SCカンブール 7 (0)
1993-1994 オランダの旗 FCフローニンゲン 14 (5)
1994-1995 フランスの旗 ニーム 4 (0)
1995-1996 スロベニアの旗 NKジェリズニチャル
2005-2006 スロベニアの旗 NKオリンピア・リュブリャナ 1 (0)
代表歴
1984-1985 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 6 (2)
1994 マケドニア共和国の旗 マケドニア 3 (0)
監督歴
2006-2007 スロベニアの旗 NKナフタ
2007-2008 スロベニアの旗 NKマリボル
2008 マケドニア共和国の旗 FKヴァルダル
2009-2010 マケドニア共和国の旗 FKバレシカ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミルコ・ジュロフスキマケドニア語: Милко Ѓуровски[1]1963年2月26日 - )は、ユーゴスラビア出身の元同国代表、元マケドニア共和国代表のサッカー選手、指導者。

兄のボシュコとともにレッドスター・ベオグラードの中心選手として8年間活躍。1984年からはユーゴスラビア代表にも選出され、ロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した。

1986年に同じ都市に本拠を置くライバルクラブであるパルチザン・ベオグラードへ移籍。パルチザンのファンからは歓迎を受けたが、レッドスターのファンは彼を裏切り者と非難した。パルチザン退団後はFCフローニンゲンニーム・オリンピックと西側諸国のクラブを渡り歩き、スロベニアでのプレーを最後に引退。

引退後はNKナフタ・レンダヴァで指導者としてのキャリアをスタートさせたが、成績は低迷。2007年ホームのNKドムジャレ戦にて0対6と大敗した後に解任された[2]。2009-10シーズンはマケドニア2部FKバレシカの監督を務めた[3]

息子のマリオ・ジュロフスキもサッカー選手で、マケドニア共和国代表としてプレーしている[4]

出典[編集]

外部リンク[編集]