ミリ・ベン・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミリ・ベン・アリ
Miri Ben-Ari
Miri Ben-Ari with Violin 47b .jpeg
基本情報
出生名 Miri Ben-Ari
別名 ヒップホップ・ヴァイオリニスト
出生 1978年12月4日(35歳)
イスラエルの旗 イスラエルテルアビブ
出身地 イスラエルの旗 イスラエルラマトガン
ジャンル ヒップホップR&Bジャズクラシック
活動期間 1999年 - 現在
共同作業者 ワイクリフ・ジョンジェイ・Zアリシア・キーズカニエ・ウェストタルカン
公式サイト http://www.miribenari.com
http://www.myspace.com/miribenari

{{{Influences}}}

ミリ・ベン・アリ(Miri Ben-Ari、本名:不明、1978年 - )は、イスラエルテルアビブ出身の女性ヒップホップヴァイオリニスト

概要[編集]

Miri Ben-Ari
photo: David Shankbone

アイザック・スターンユーディ・メニューインの奨学金で6歳の頃にヴァイオリンを購入、イスラエル軍の楽団に帯同しながら音楽の腕を磨く。

ニューヨークにジャズの勉強のために留学。ベティ・カーター(Betty Carter)やウィントン・マルサリス(Wynton Marsalis)を師と仰ぎ(その後両者はアルバムやライブでも競演)、モータウンと契約し初のジャズアルバムを『Sahara』をリリース。その後ウイントン・マルサリスと競演したアルバム『Song Of The Promised Land』をリリース。

ブルーノートのライブ等に参加しつつ、中東の平和と反戦を歌った曲、ワン・ワールドの『Peace In The Middle Of East』をプロデュース。2001年にはヒップホップアーティストのフージーズワイクリフ・ジョンと初めて競演。

その後ジェイ・Zのライブにバックバンドとして参加。共に2005年リリースのカニエ・ウェストのアルバム『The College Dropout』やトゥイスタの『Kamikaze』に参加し、プロモーションビデオやライブで軽快なヴァイオリンの音を響かせた。

2005年にはヒップホップ・ヴァイオリニストとして初のアルバム『The Hip-Hop Violinist』をリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • サハラ - Sahara(1999年)
  • テンプル・オブ・ビューティフル - Temple Of Beautiful(2003年)
  • ザ・ヒップホップ・バイオリニスト - The Hip-Hop Violinist(2005年)

シングル[編集]

  • サンシャイン・トゥ・ザ・レイン - Sunshine to the Rain(2005年)
  • ウイ・ゴナ・ウィン - We Gonna Win(2005年)

他多数MIXCDや未正規品が多数リリースされている。

外部リンク[編集]