ミランダ・オットー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミランダ・オットー
Miranda Otto
ミランダ・オットー Miranda Otto
生年月日 (1967-12-16) 1967年12月16日(51歳)
出生地 クィーンズランド州ブリスベン
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
身長 165 cm
職業 俳優
活動期間 1986年 -
配偶者 ピーター・オブライエン (2003- )
テンプレートを表示

ミランダ・オットー(Miranda Otto, 1967年12月16日 - )は、オーストラリア出身の女優。現在はアメリカ合衆国に拠点を置いている。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

クィーンズランド州ブリスベン出身。シェイクスピアの戯曲『テンペスト』に登場する美女にちなんで名付けられた。父親はオーストラリアを中心に活動している俳優のバリー・オットー、母親のリンゼイは元女優、異母妹のグレイシーは女優[1]。1973年に両親は別居するが、週末を父親と過ごし、演技の道に進むことを考え始める。子供時代は友達と脚本を書いたり、衣装を作ったりして遊んだという[2]。10代の頃はバレリーナになることも考えたが[3]、背中を痛めて断念する。[4]1990年にオーストラリア国立演劇学院(NIDA)を卒業。[5]卒業前より『鮮血の13階』といった映画に出演していた[6]

キャリア[編集]

17歳でタイトルロールを演じた『Emma's War』以来、オーストラリア国内では人気のある若手女優となった。1996年公開の初主演作品『ラブ・セレナーデ』がカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞し、国外でもその名を知られるようになる。

2000年公開の『ホワット・ライズ・ビニース』でハリウッド進出を果たし、2002年公開のピーター・ジャクソン監督の大作『ロード・オブ・ザ・リング』三部作でのエオウィン姫役で一躍有名になった。

2005年のスティーヴン・スピルバーグ監督作品『宇宙戦争』ではトム・クルーズ演じる主人公の妻役で出演。2007年には『スターター・ワイフ』と『カシミアマフィア』というテレビシリーズに出演。

私生活[編集]

1997年から2000年までオーストラリア人俳優のリチャード・ロクスバーグと交際[7]

2003年1月1日にオーストラリア人俳優のピーター・オブライエンと結婚[8]。2005年4月1日に長女(ダーシー)を出産。現在ではオーストラリアを拠点としている[4]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1986 Emma's War エマ 日本未公開
1988 鮮血の13階
The 13th Floor
レベッカ 日本未公開
1991 The Girl Who Came Late ネル 日本未公開
1996 ラブ・セレナーデ
Love Serenade
ディミティ
1997 女と女と井戸の中
The Well
キャサリン
恋する2000マイル
True Love and Chaos
ミミ 日本未公開
1998 シン・レッド・ライン
The Thin Red Line
マーティ・ベル
1999 ジャック・ブル
The Jack Bull
コーラ テレビ映画
2000 禁猟区
Kin
アンナ 日本未公開
ホワット・ライズ・ビニース
What Lies Beneath
メアリー
2001 ヒューマン・ネイチュア
Human Nature
ガブリエル
2002 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
The Lord of the Rings: The Two Towers
エオウィン
2003 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
The Lord of the Rings: The Return of the King
エオウィン
2004 フライト・オブ・フェニックス
Flight of the Phoenix
ケリー
2005 宇宙戦争
War of the Worlds
メリー・アン・フェリエ
2007 スターター・ワイフ
The Starter Wife
クリケット テレビシリーズ
カシミアマフィア
Cashmere Mafia
ジュリエット テレビシリーズ
2009 IN HER SKIN/イン・ハー・スキン
In Her Skin
ミセス・バーバー 日本未公開
Blessed ビアンカ 日本未公開
2010 South Solitary メレディス 日本未公開
2014 アイ・フランケンシュタイン
I, Frankenstein
リオノア
ミッション・ワイルド
The Homesman
シオリーン・ベルナップ
2018 ホンモノの気持ち
Zoe
地域によりAmazon あるいは Netflixにより配信

エピソード[編集]

参照[編集]

  1. ^ "The Right Stage of Life". The Sydney Morning Herald. 26 September 2005. Retrieved 8 April 2007.
  2. ^ Williams, Sue. "Doing It Her Way". The Australian Women's Weekly. July 2003. Retrieved 6 April 2007.
  3. ^ J.W. Braun, The Lord of the Films (ECW Press, 2009)
  4. ^ a b Scobie, Claire. "Balancing Act". The Herald Sun. 26 June 2005.
  5. ^ Slee, Amruta. "Miranda Otto Goes Off". HQ Magazine. September/October 1997. Retrieved 6 April 2007.
  6. ^ "Miranda Otto Filmography" Archived 2011年6月28日, at the Wayback Machine.. Yahoo! Movies. Retrieved 6 April 2007.
  7. ^ Scobie, Claire. "Serene, Not Dreamy". The Age. 26 June 2005. Retrieved 8 April 2007.
  8. ^ "Star Bios: Miranda Otto". Tribute.ca. Retrieved 8 April 2007.

外部リンク[編集]