ミヤマシジミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヤマシジミ
Fluture (28135267250).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目 Lepidoptera
: シジミチョウ科 Lycaenidae
亜科 : ヒメシジミ亜科 Polyommatinae
: Lycaeides
: ミヤマシジミ
L. arygyrognomom
学名
Lycaeides arygyrognomom
和名
ミヤマシジミ
英名
The Reverdin's Blue
亜種
  • L. a. praeterinsularis(Verity)

ミヤマシジミ(深山小灰蝶、Lycaeides argyrognomom)は、チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ヒメシジミ亜科に分類される蝶の一種。

概要[編集]

Plebejus argyrognomon (3788782816).jpg

翅裏は灰色で、外周に沿ってオレンジの帯が入る。ヒメシジミアサマシジミと似ており、とくにヒメシジミとは長らく混同されていた。本種はオレンジ帯の中にある黒斑に水色の構造色がある点で他2種と区別可能。また翅表の色味はアサマに比べやや紫がかる。

平地では年4-5回、山地では1-3回発生する。他2種は秋には見られない。

越冬態はである。幼虫はコマツナギのみの単食性。

分布[編集]

日本の個体

日本では主に中部関東地方北部に分布する。ただし山地性が強く、関東平野にはいない。生息地が重複する地域ではヒメが山地草原、本種は河原と棲み分ける。

新潟県柏崎市は国内唯一の海岸帯生息地である。

保全状況評価[編集]

ミヤマシジミLycaeides argyrognomom praeterinsularis(Verity)

2007年の環境省レッドリストでは絶滅危惧II類であったが、2012年には絶滅危惧IB類に指定された。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説、青山潤三写真『日本の蝶』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、1994年。ISBN 4-415-08045-6
  • 『チョウの調べ方』日本環境動物昆虫学会編、今井長兵衛・石井実監修、文教出版、1998年。ISBN 4938489112OCLC 170389984

関連項目[編集]