ミヒャエル・メストリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・モエストリヌス(ミヒャエル・メストリン)

ミヒャエル・メストリン(Michael Maestlin または Mästlin。 Moestlin,Möstlin とも綴る。1550年9月30日 - 1631年10月20日)はドイツの天文学者。ヨハネス・ケプラーの師で地動説を教えたことで知られる。

ゲッピンゲン(w:Göppingen)で生まれた。テュービンゲン大学神学数学天文学フィリップ・アピアンなどに学んだ。1576年に助祭となった。1577年の大彗星の観測結果を出版した。1580年にハイデルベルク大学の数学教授となり、天文学の教本を出版した。1583年からテュービンゲン大学の教授となった。

ガリレオ・ガリレイと同時期に、地球照が地球の反射が月を照らす現象であると説明し、彗星の観測結果から彗星が月より上の現象であると結論し、アリストテレスの宇宙論を批判した。コペルニクスの宇宙論をケプラーに教えた師である。