ミヒャエル・ザンデルリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミヒャエル・ザンデルリングMichael Sanderling, *1967年2月21日 東ベルリン – )は、ドイツ指揮者チェリスト。現在、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者。有名な音楽家一家の出自であり、父親は指揮者クルト・ザンデルリング、異母兄の長兄トーマスと同母の兄シュテファンも指揮者である。

ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンにおいてチェロウィリアム・プリースとヨーゼフ・シュヴァープに師事。1987年バルセロナのマリア・カナルス国際コンクールにおいて首位となる。学業を終えると、1988年から1992年までチェロ独奏者としてライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団に、1994年から2006年まで客演チェロ奏者としてベルリン放送交響楽団に迎えられた。ソリストとしては、バイエルン放送交響楽団ベルリン・ドイツ交響楽団ウィーン交響楽団チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団パリ管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニックと共演している。また室内楽奏者として、ユリア・フィッシャーやマルティン・ヘルムヒェンと三重奏を行なってきたほか、ペーターゼン弦楽四重奏団やライプツィヒ弦楽四重奏団とも共演している。

指揮者としてのデビューは、2001年11月22日に、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団員によるベルリン室内管弦楽団の演奏会を指揮したときであり、以来その指揮に献身している。2003年よりドイツ弦楽フィルハーモニーの、2004年よりベルリン室内管弦楽団の首席指揮者、2006年にはポツダム室内アカデミーの首席指揮者兼芸術監督。2011年よりドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者。

1994年から1998年までベルリンで、2000年から2004年までベルン講師としてチェロの指導に携わり、その後はフランクフルト高等音楽学校にてチェロ教授に任命された。