ミハイル・ブルガーコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミハイール・アファナーシエヴィチ・ブルガーコフ
Михаил Афанасьевич Булгаков
Bulgakov1910s.jpg
誕生 1891年5月15日
ロシア暦5月3日)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国キエフ
死没 1940年3月10日(満48歳没)
職業 劇作家小説家
代表作 巨匠とマルガリータ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ミハイール・アファナーシエヴィチ・ブルガーコフロシア語:Михаил Афанасьевич Булгаков ミハイール・アファナースィイェヴィチュ・ブルガーカフ, 1891年5月15日ロシア暦5月3日) - 1940年3月10日)は、ウクライナ出身の劇作家小説家。『巨匠とマルガリータ』が最もよく知られている。彼の作品はソビエト社会に対する体制批判とみなされ、長いあいだ当局から弾圧されていた。作風に関し、同じくウクライナ出身の人物で近代ロシア文学の基礎となった作家ニコライ・ゴーゴリと比較される。

生涯[編集]

ブルガーコフの肖像画が入ったハガキ

ロシア人の両親のもと、ロシア帝国支配下のウクライナの首都キエフに生まれた。キエフ大学で医学を学び、白軍の軍医としてロシア内戦に従軍した。内戦期には、キエフはウクライナ人民共和国赤軍ウクライナ国ドイツ帝国、白軍につぎつぎと支配を受けたが、ブルガーコフは友人らとともに多くの軍隊勤務を命ぜられている。特に、最後に従軍した白軍の将軍アントーン・デニーキンは有名で、ブルガーコフは彼の南ロシア軍に従軍してチェチェンヴラジカフカースへ遠征した。

戦後、ロシアの有名な雑誌「ナカヌーニェ」(«Накануне»:「前夜」)に載せた「悪魔物語」(«Дьяволиада»)で高い評価を受け、一躍文壇に名を上げた。その後、SF的な中編小説「運命の卵」(«Роковые яйца»)や「犬の心臓」(«Собачье сердце»)を著したが、科学に対する懐疑的な姿勢が「科学の発展による全人類の明るい未来」を標榜する共産主義政権に睨まれ、また内戦の体験をもとにした自伝的長編小説「白衛軍」(«Белая гвардия»)が「白衛軍への挽歌である」として当局より厳しく批判され、その後に書かれた作品を含め多くが発禁となった。最後の作品となった「巨匠とマルガリータ」(«Мастер и Маргарита»)は、キリスト時代のエルサレムと現代のモスクワを舞台にした「巨匠」とその愛人「マルガリータ」、そして「悪魔」らが縦横無尽に活躍する意欲的な長編小説であったが、これも長らく公には封印されていた。解禁後は広く読者の注目を集め、数多くの舞台でも演じられている。

その他、「白衛軍」を戯曲化した「トゥルビン家の日々」(«Дни Турбиных»)、SF的中編小説「赤紫島」(«Багровый остров»)、ゴーゴリ最後の長編小説「死せる魂」(«Мёртвые души»)のパロディー小説「チチコフの遍歴」(«Похождения Чичикова»)、中編小説「ゾーイカの部屋」(«Зойкина квартира»)、戯曲「モリエール」(Мольер)などがあり、いずれも日本語訳で読むことができる。

ブルガーコフは生まれ故郷のキエフを深く愛したことで知られ、特に彼の初の長編小説「白衛軍」にはその愛情が滲み出ているといわれる。彼の名前「ミハイール」はキリスト教の聖人「聖ミハイール」に由来するものであるが、「聖ミハイール」はキエフの守護聖人である。

著作一覧[編集]

日本語訳[編集]

  • 巨匠とマルガリータ
  • 『白衛軍』 (中田甫・浅川彰三訳、群像社、1993年)
  • 『悪魔物語・運命の卵』(水野忠夫訳、岩波文庫、2003年)
  • 『モルヒネ ブルガーコフ短篇集』 (町田清朗訳、未知谷、2005年)
  • 『犬の心臓』 (水野忠夫訳、河出書房新社、2012年)
  • 『犬の心臓・運命の卵』 (増本浩子訳、新潮文庫、2015年)

外部リンク[編集]