ミシェル・シュヴァルベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミシェル・シュヴァルベ
生誕 (1919-10-27) 1919年10月27日
出身地 ポーランドの旗 ポーランド
死没 (2012-10-09) 2012年10月9日(92歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ミシェル・シュヴァルベMichel Schwalbé1919年10月27日 - 2012年10月9日[1][2])は、ポーランド生まれのユダヤ系ヴァイオリニスト

ワルシャワ音楽院モーリス・フレンケルに師事した後、パリ音楽院ジョルジェ・エネスクピエール・モントゥージュール・プーシュリに師事した。1944年~46年、スイス・ロマンド管弦楽団コンサートマスターを務めた。また、シュヴァルベ弦楽四重奏団を結成した。 1957年、ヘルベルト・フォン・カラヤンに招かれ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターに就任した[3]。使用楽器は、ストラディバリウス

ヴァイオリン教師としては、1948年からジュネーヴ音楽院の教授を務めていた。 弟子に服部譲二安永徹などがいる。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ 常任指揮者であるカラヤンの下、限定のコンサートマスターを受諾した。