ミゲル・トロボアダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・クーニャ第二姓(父方の)はリスボア・トロボアダです。
ミゲル・トロボアダ
Miguel Trovoada
生年月日 (1936-12-27) 1936年12月27日(81歳)
出生地 サントメ州アグア・グランデ県
サントメ
出身校 リスボン大学
所属政党 無所属 - 独立民主行動
テンプレートを表示

ミゲル・ドス・アンジョス・ダ・クーニャ・リスボア・トロボアダ(Miguel dos Anjos da Cunha Lisboa Trovoada、1936年12月27日 - )は、サントメ・プリンシペ民主共和国の政治家。同国首相1975年 - 1979年)、同国大統領1991年 - 2001年)を歴任した。

生涯[編集]

サントメ市に生まれ、アンゴラの中学校に通いポルトガルリスボン大学で法律を学んだ。1960年に当時同級生だったマヌエル・ピント・ダ・コスタとサントメ・プリンシペ解放委員会(CLSTP)を立ち上げ、それは1972年サントメ・プリンシペ解放運動社会民主党(MLSTP)となった。委員会はガボンに本部を置き、トロボアダは1961年から1975年まで外務局長を務めあげた。1972年にはアフリカ統一機構(OAU)からMLSTPの承認を得るため尽力した。

独立後は初代首相(1975年7月12日 - 1979年3月)となったが、就任した直後から大統領との関係が悪化して1979年に当時のコスタ大統領は首相のポストを廃止した。その数ヶ月後、トロボアダは政府に対して陰謀を企てていると逮捕され、21ヶ月こう留された後フランスに亡命した。1990年5月に国家体制が民主制に移行すると彼は帰国して大統領選を展開した。

1991年、トロボアダは同国初の民選大統領に就任し、1996年に再選された。彼が大統領選に立候補した際には無所属だったが、1期目の終わりごろに独立民主行動(ADI)という新政党を結成した。また、彼の政府は1995年8月15日から8月21日の間クーデターにより短期間打倒された。

その後2001年9月3日に、フラディケ・デ・メネゼスが新たな国家元首としての宣誓を行ってトロボアダの任期は終わった。なお、現首相のパトリセ・トロボアダは息子である。

公職
先代:
-
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国外務大臣
1975年
次代:
レオネル・マリオ・ダルヴァ
先代:
レオネル・マリオ・ダルヴァ英語版
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国首相
第2代:1975年 - 1979年
次代:
セレスティーノ・ローシャ・ダ・コスタ英語版
(1988年までポスト廃止)
先代:
マヌエル・ピント・ダ・コスタ
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国大統領
1991年 - 1995年
次代:
マヌエル・キンタス・デ・アルメイダ
先代:
マヌエル・キンタス・デ・アルメイダ
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国大統領
1995年 - 2001年
次代:
フラディケ・デ・メネゼス