マーティン・ジェームズ・モンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーティン・ジェームズ・モンティ
Martin James Monti
生誕 (1921-10-24) 1921年10月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
死没 2000年9月11日(2000-09-11)(78歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州
所属組織 アメリカ陸軍
武装親衛隊
軍歴 1942年 - 1944年, 1947年 - 1948年(アメリカ陸軍)
1944年 - 1945年(武装SS)
最終階級 少尉(Second Lieutenant, アメリカ陸軍, 1944年)
SS少尉(Untersturmführer, 武装SS)
軍曹(Sergeant, アメリカ陸軍, 1948年)
テンプレートを表示

マーティン・ジェームズ・モンティ(Martin James Monti, 1921年10月24日 - 2000年9月11日)は、アメリカ合衆国出身の軍人。第二次世界大戦中には飛行士としてアメリカ陸軍航空軍に勤務していたが、1944年10月に枢軸国側へと寝返り、以後プロパガンダ活動に参加した。戦後、脱走について裁かれ、長期懲役刑が言い渡されていた。後に特赦を受けたが、反逆についても別途裁かれ、改めて長期懲役刑を課されている。

経歴[編集]

1921年、豊かな夫婦の子として生を受ける。彼は7人兄弟の1人だった。父マーティン・モンティ・ジュニア(Martin Monti Jr.)はセントルイス生まれの投資仲介人(investment broker)であった[1]。父方の祖父はスイスのイタリア語圏であるイタリアン・グラウビュンデン英語版出身の移民で、父方の祖母はイタリア出身だった[2]。母マリー・アントワネット・ウィーザウプト(Marie Antoinette Wiethaupt)はミズーリ出身で、母方の祖父母はドイツ系アメリカ人だった[3][4]。第二次世界大戦中、7人兄弟のうちモンティ自身を除く男4人は全員がアメリカ海軍に入隊した。

1930年代のモンティはチャールズ・カフリン司祭の支持者であった[5]。カフリンは反共主義・反ユダヤ主義を掲げ、ドイツやイタリアのファシスト政権への支持を表明していたことで知られた人物であった。カフリンが毎週行っていたラジオ放送は、1939年の第二次世界大戦勃発に伴う放送禁止まで多数のリスナーを抱えていた[6]

第二次世界大戦[編集]

1942年10月、カフリン司祭と面会するためデトロイトに向かう。11月、アメリカ陸軍航空軍に飛行士候補生として入隊。1943年から1944年初頭にかけて飛行訓練を完了し、飛行士官(Flight officer)となる。P-39戦闘機およびP-38戦闘機の操縦資格を得た後、少尉に昇進した[4]

1944年8月、カラチ方面に派遣される。第126補充隊(126th Replacement Depot)配属後に中尉へと昇進。その後C-46輸送機カイロへ送られ、さらにトリポリリビアを経由しイタリアへと移動した。フォッジャでは第82戦闘機群(82nd Fighter Group)に勤務し、ナポリ北方のポミリアーノ飛行場英語版に向かってからは前線に送る航空機の調達を担当する第354兵站飛行隊(354th Air Service Squadron)に配属された。ある時、モンティは部隊に偵察仕様のP-38戦闘機が持ち込まれたことを知った。この機は必要としていた一連の作業を既に完了し、修理後の試験飛行を待つのみという状態で保管されていた。モンティはこれを盗んでミランへと飛行し、着陸後に現地のドイツ軍部隊に機体を引き渡した。当初モンティは一般の戦争捕虜として扱われていたが、やがて彼自身の説得により自らが「信念のもとの亡命者」であることをドイツ側へ納得させた[4]。モンティが盗みだしたP-38戦闘機は、ドイツ空軍ヴァンダーツィルクス・ローザーリウス(鹵獲機試験飛行隊)へと引き渡された。

1944年末、モンティはベルリンにあったクルト・エッガースSS連隊英語版(武装SS所属の宣伝部隊)のスタジオでマイクテストを行っていた。1945年初頭には帝国放送協会に採用される。枢軸サリーことミルドレッド・ギラースと仕事を共にすることもあったが、ギラースは出会った直後からモンティをひどく嫌っており、「彼と共に働くくらいならこの仕事をやめる」とまで語っていた。また、モンティにはラジオコメンテーターとしての才能も欠けており、彼の声が電波に乗ったのはわずか数回のみだった[7]

その後はSS少尉に任命され、ドイツ兵や連合国軍捕虜に配布する冊子の制作に携わった。1945年5月10日、イタリアでアメリカ軍に投降した。この時、彼はSS将校の制服を着用していた[4]

戦後[編集]

1946年、彼は航空機の窃盗と脱走について軍法会議で裁かれ、懲役15年が言い渡された。しかし、その後執行猶予が認められ、1947年2月11日には兵卒として陸軍航空軍に再入隊した。1948年1月26日には軍曹(Sergeant)の階級で名誉除隊を果たしている。

除隊直後、FBIはニューヨーク州ミッチェル飛行場英語版内でモンティを逮捕し、プロパガンダへの協力について反逆罪で起訴した。FBIでは彼をマーティン・ウィーザウプト(Martin Wiethaupt)の名で手配していた[8]。10月14日、ブルックリン連邦大陪審は1944年10月13日から1945年5月8日までの期間に彼が犯したとされる21の反逆行為について懲役15年の判決を言い渡した[6]。1949年1月17日、モンティは自らの有罪を認め、裁判の長期化を予想していた検察や裁判所側を驚かせた。裁判所側は起訴内容の重要性を鑑み、モンティの有罪答弁が行われたにも関わらず、他の証言が必要であるとした。『ニューヨーク・タイムズ』紙が報じたところによれば、モンティは躊躇うことなく証人席に移り、全ての起訴内容を認めたという。裁判官が一連の反逆は自主的な行いであったかと問うと、モンティは短く「はい」(Yes)と答えた。一方、弁護側は彼がかつていわゆる過激派であったことに触れ、孤立環境においてソビエトロシアこそが主要な敵であると熱狂的に吹きこまれたのだと語り、情状酌量を求めた。結局これは認められず、モンティには懲役25年と罰金$10,000が課された[9]

モンティはカンザス州のレブンワース刑務所英語版に収監された。1951年には有罪答弁の撤回を求めたが退けられた。この中で彼は、敵地上空を飛んでいた時に反逆の意志を抱いたことはなく、かつての答弁は弁護士に強要されたものだと主張していた[10]。1960年に仮釈放が認められ、それ以降モンティがどのように生活したのかは明らかではない。2000年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ World War I draft registration of Martin Monti, St. Louis, Mo., 5 June 1917
  2. ^ U.S.Census, 1910, Supervisors Dsitrict #10, Enumerators District 299, Sheet 2B
  3. ^ U.S. Census, 1910, Supervisors District #11, Enumerators District #18, Sheet 17A
  4. ^ a b c d The Curious Case of Martin James Monti”. 2015年4月18日閲覧。
  5. ^ Higham, Charles (1985). American Swastika. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 978-0-385-17874-7. 
  6. ^ a b “Ex-Army Officer Held for Treason”. New York Times. (1948年10月15日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=9F04E4DB1338E13ABC4D52DFB6678383659EDE 2015年4月18日閲覧。 
  7. ^ Richard Lucas (16 September 2014). Axis Sally: The American Voice of Nazi Germany. Casemate Publishers. pp. 114–116. ISBN 978-1-935149-80-4. http://books.google.com/books?id=mcbRtSJ2EDkC&pg=PA114. 
  8. ^ “Treason Charged to Ex-Air Officer”. New York Times. (1948年1月27日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=9800E0DE1E38E33BBC4F51DFB7668383659EDE 2015年4月18日閲覧。 
  9. ^ “Ex-Flier Confesses 21 Acts of Treason”. New York Times. (1949年1月18日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=9D04EFD8143AE33BBC4052DFB7668382659EDE 2015年4月18日閲覧。 
  10. ^ “Judge Finds Monti was not coerced”. New York Times. (1951年8月2日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=9D02E5DF123DEE3BBC4A53DFBE66838A649EDE 2015年4月18日閲覧。 

外部リンク[編集]