マーク・ヴァン・ドーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mark Van Doren
誕生 (1894-06-13) 1894年6月13日
ヴァーミリオン郡 (イリノイ州)
死没 1972年12月10日(1972-12-10)(78歳)
トリントン (コネチカット州)
職業
最終学歴 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
コロンビア大学
代表作 Shakespeare (1939)
A Liberal Education (1943)
主な受賞歴 ピューリッツァー賞 詩部門(1940)
Academy of American Poets' Fellowship(1967)
配偶者 ドロシー・ヴァン・ドーレン
子供 チャーリー・ヴァン・ドーレン
親族 カール・ヴァン・ドーレン (兄)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マーク・ヴァン・ドーレン英語: Mark Van Doren、1894年6月13日– 1972年12月10日)は、アメリカの詩人・作家・評論家。コロンビア大学で40年近く教え、トーマス・マートンロバート・ラックス英語版ジョン・ベリーマン、ウィテカー・チェンバース、そしてアレン・ギンズバーグジャック・ケルアックビート・ジェネレーションの作家など、影響力のある作家や思想家の世代に影響を与えた。また、ニューヨークの「The Nation」誌の文芸編集者(1924年~1928年)、同誌の映画評論家(1935年~1938年)も務めた[1]

1940年、1922年から1938年にかけて収集された詩集でピューリッツァー賞を受賞。他にも、兄カール・ヴァン・ドレーン英語版との共著である批評研究『American and British Literature since 1890』(1939年)、『The Poetry of John Dryden』(1920年)、『Shakespeare』(1939年)、『The Noble Voice』(1945年)、『Nathaniel Hawthorne』(1949年)などの詩集、物語『Jonathan Gentry』(1931年)、詩劇『The Last Days of Lincoln』(1959年)など、多くの作品がケニオン・レビュー誌に掲載された[2]

前半生[編集]

ヴァンドーレンは、イリノイ州ヴァーミリオン郡のオランダ系医師チャールズ・ルシウス・ヴァン・ドーレンと妻エウドラ・アン・ブッツの5人の息子のうちの4人目として生まれた。彼はイリノイ州東部の家族の農場で育つが、父は良い学校に近い場所を求めて隣の町アーバナに引っ越した[3]

学者で伝記作家のカール・ヴァン・ドーレンの弟であり、5人の兄弟全員が地元の小学校と高校に通った。イリノイ大学アーバナ校で学び[3] 、1914年に文学士号を取得した。 1920年に、コロンビア大学(後のコロンビア大学大学院芸術研究科)で博士号を取得した。同大学の学生団体であるBoar's Head Society(詩の会)に所属した[4]

キャリア[編集]

1920年のドーレン

1920年、兄カールに続いてコロンビア大学の教員となった。マーク・ヴァン・ドーレンは、コロンビアで最も偉大な教師の1人になり、「教室での伝説的な存在感」を示した。彼は1942年に正教授になり、1959年まで英語を教え、その時点で彼は1972年に亡くなるまで名誉教授を務めた[5]。コロンビア大学での教え子には、詩人や作家のジョン・ベリーマンアレン・ギンズバーグジャック・ケルアック、ルイス・シンプソン、リチャード・ハワード、ライオネル・トリリング(後の同僚)、ロバート・ラックス、アンソニー・ロビンソンのほか、日本文学者・翻訳者であるドナルド・キーン、作家で活動家のウィッタカー・チェンバーズ [6]、作家でトラピスト僧侶トーマス・マートン、ウォルター・B・ピトキンジュニアと詩人批評家のジョン・ホランダーらがいる[5][7]

1924年から1928年までと1935年から1938年までの2回、『The Nation』誌のスタッフを務めた[8]。彼は第三次世界大戦防止協会の会員であった。

1940年、『Collected Poems 1922-1938』でピューリッツァー賞 詩部門を受賞した[9]。これは、兄カールがベンジャミン・フランクリンについての著書でピューリッツァー賞 伝記部門を受賞してからわずか1年後のことであった[10]。1949年6月にアレン・ギンズバーグがハーバート・. ハンケ英語版の共犯として逮捕されたときには証言台に立ち、ギンズバーグの刑務所行き回避し、トーマス・マートンの改宗と詩作にも大きな影響を与えた。リベラルな教育を強く提唱し、著書『Liberal Education』(1943年)は、「グレート・ブックス」運動促進に貢献した[11]。1941年から、1941年からはCBSラジオの番組「Invitation to Learning」に出演する専門家の一人として偉大な文学について語った。

彼は米国議会図書館のフェロー・イン・アメリカン・レターズに選ばれ、アメリカ芸術文学アカデミーの会長も務めた[12][13]

私生活[編集]

1922年、The Nationで知り合った小説家であり、回顧録「The Professor and I」(1959年)の著者でもあるドロシー・グラフと結婚した。著書『Anthology of World Poetry』の成功により、世界恐慌前の1929年2月、夫妻はニューヨークブリーカー・ストリートに家を購入することができた [7]

長男チャールズ・ヴァン・ドレーン英語版(1926年2月12日-2019年4月9日)は、クイズ番組21のスキャンダルの当事者として知られ映画「クイズ・ショウ」 (1994年)の題材となった。この映画でマーク・ヴァン・ドーレン役を演じたポール・スコフィールド[14][15]は、アカデミー助演男優賞にノミネートされた[16]。次男ジョン・ヴァン・ドーレンはコネチカット州コーンウォールに住んでおり、父親が執筆活動執筆を行い、また余生を過ごした農場デクラしている[7]

循環器系の手術を受けた2日後の1972年12月10日に、コネチカット州トリントンシャーロット・ハンガーフォード病院で78歳で他界した[17]

レガシー[編集]

ヴァンダービルト大学アレン・テイトとの書簡が所蔵されている[18]。1962年以来、コロンビアカレッジの学生は、学校の優秀な教師に対して「マーク・ヴァン・ドーレン賞」を毎年授与している[5]

参考文献[編集]

詩:

  • Spring Thunder (1924)
  • An Anthology of World Poetry (1928)
  • Jonathan Gentry (1931), (Editor)
  • The Oxford Book of American Prose, (OUP), (1932)
  • Winter Diary (1935)
  • Collected Poems 1922–1938 (1939), Winner of the 1940 Pulitzer Prize for Poetry
  • The Mayfield Deer (1941)
  • The Country Year (1946) William Sloane Associates, New York
  • Selected poems (Holt), (1954)
  • The Last Days of Lincoln, a play in six scenes (1959), a Verse Play
  • Our Lady Peace
  • The Story-Teller (N/A)
  • Collected and New Poems 1924–1963 (1963)
  • Mark Van Doren: 100 poems. Hill and Wang. (1967). https://books.google.com/books?id=Y1NJAAAAMAAJ 
  • That Shining Place: New Poems (1969) Hall and Wang

小説:

  • The Transients (1935)
  • Windless Cabins (1940)
  • Tilda (1943)

短編集

  • Nobody Say a Word (1954)

ノンフィクション:

  • Henry David Thoreau: A Critical Study (1916)
  • The Poetry of John Dryden (1920)
  • Introduction to Bartram's Travels (1928)
  • An Autobiography of America, (A. & C. Boni), )1929)
  • American poets, 1630-1930 (Little, Brown), (1932)
  • American and British Literature Since 1890 (1939), with Carl Van Doren
  • Shakespeare (1939)
  • The Liberal Education (1943)
  • The night of the summer solstice: & other stories of the Russian war, (Henry Holt and Company), (1943)
  • The Noble Voice (1946)
  • Nathaniel Hawthorne (1949)
  • Introduction to Poetry (1951)
  • The Autobiography Of Mark Van Doren (1958)
  • The Happy Critic (1961)
  • Mark Van Doren on Great Poems of Western Literature. Collier Books. (1962). https://books.google.com/books?id=BlIRAQAAIAAJ 
  • Insights into literature. Houghton Mifflin. (1968). https://books.google.com/books?id=CihAAAAAIAAJ 
  • George Hendrick, ed (1987). The Selected Letters of Mark Van Doren. Baton Rouge: Louisiana State University Press. ISBN 0-8071-1317-4. https://archive.org/details/selectedletterso00vand 
  • John Dryden: A Study of His Poetry. Read Books. (2007). ISBN 978-1-4067-2488-2. https://books.google.com/books?id=1JbKAy4tknIC 
  • Edwin Arlington Robinson (Reprint ed.). Kessinger Publishing. (2010). ISBN 978-1-169-10983-4. https://books.google.com/books?id=2xpvDwEACAAJ 

ディスコグラフィー:

語録[編集]

  • "The literature of the world has exerted its power by being translated." [19]

脚注[編集]

 

  1. ^ Mark Van Doren Encyclopædia Britannica
  2. ^ "History" Archived 2008-12-30 at the Wayback Machine. the Kenyon Review Web site, accessed January 26, 2007
  3. ^ a b Mark Van Doren: Collected and New Poems University of Pennsylvania
  4. ^ Gitelman (1959年10月14日). “Review Produced Literary Notables: Barzun, Dewey, Van Doren Once Participated in King's Crown Literary Quarterly's Activity”. Columbia Daily Spectator. 2016年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c "Mark Van doren", Columbia 250 - Colombian Ahead of Their Times Columbia University.
  6. ^ Chambers, Whittaker (1952). Witness. Random House. pp. 164–166, 545. ISBN 0-89526-571-0 
  7. ^ a b c Mark Van Doren and Shakespeare columbia.edu.
  8. ^ Author Bios: Mark Van Doren (and articles)”. The Nation. 2013年6月27日閲覧。
  9. ^ Official listings: Pulitzer Prize for Poetry”. Pulitzer Prize. 2013年6月27日閲覧。
  10. ^ Pulitzer Prize for Biography or Autobiography Official Listings.
  11. ^ The Beginnings of the Great Books Movement at Columbia”. Columbia Magazine (Winter 2001). 2013年6月27日閲覧。
  12. ^ Mark Van Doren Profile The New York Review of Books
  13. ^ "Mark Van Doren", Faculty Profiles Columbia University.
  14. ^ Maslin, Janet (1994年9月14日). “QUIZ SHOW; Good and Evil in a More Innocent Age”. New York Times. https://www.nytimes.com/1994/09/14/movies/film-review-quiz-show-good-and-evil-in-a-more-innocent-age.html?pagewanted=all 
  15. ^ David Ansen (1994年9月19日). “FALL PREVIEW: MOVIES: When America Lost Its Innocence--Maybe - Robert Redford Takes A Prismatic Look At A Nation Through The Tv Quiz-Show Scandals Of The '50S”. Newsweek. 2021年9月14日閲覧。
  16. ^ Mark Van Doren Archived 2009-02-24 at the Wayback Machine.
  17. ^ “Mark Van Doren, 78, Poet, Teacher, Dies”. New York Times. (1972年12月12日). https://www.nytimes.com/1972/12/12/archives/new-jersey-pages-mark-van-doren-78-poet-teacher-dies-mark-van-doren.html 
  18. ^ Mark Van Doren Archived 2010-06-20 at the Wayback Machine. Vanderbilt University Library.
  19. ^ The Art, Craft, Modes, and Efficacy of Literary Translation Discussed Through the Ages Archived 2010-04-26 at the Wayback Machine. The University of Texas at Dallas - School of Arts & Humanities.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]