マーキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーキーズ
出身地 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国テネシー州メンフィス
ジャンル リズム・アンド・ブルース
活動期間 1960年-1965年
レーベル サテライト・レーベルアトランティック・レーベル
メンバー ドン・ニックス
スティーヴ・クロッパー
チャールズ・パッキー・アクストン
ドナルド・ダック・ダン
テリー・ジョンソン
ロニー・ストゥーツ
ウェイン・ジャクソン
その他のメンバー:チャーリー・フリーマン 

マーキーズMar-Keys、当初は「マーキス(Marquis)」(侯爵の意)で活動)とは、1958年アメリカン・スタジオセッション・バンドとして結成されたグループ。活動の中心地はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス1960年代には、スタックス・レコードの多数の録音に参加した。

概要[編集]

前身はメンフィスのメシック高校同窓生を中心に組んだ「ローヤル・スペーズ」。1960年までにドン・ニックス、スティーヴ・クロッパー、チャールズ・パッキー・アクストン、ドナルド・ダック・ダン、テリー・ジョンソン、ロニー・ストゥーツ、ウェイン・ジャクソンの7人がメンバーになる。練習場所は、テナー・サックスのパッキー・アクストン経営のサテライト(レコードショップ/スタジオ。後のスタックス)であった。3サックス構成で、メンフィスで最も人気ガレージ・バンドになっていく。

1961年サテライト・レーベルからデビュー・シングル「ラスト・ナイト」を発売。ポップス・チャート3位、R&Bチャート2位、約100万枚のヒットとなったが、演奏はスティーヴ・クロッパーがピアノで参加しただけで、他はスタジオ・ミュージシャンがおこなっていた。同年夏、南部から北部にツアーをおこなったが、その秋、スティーヴ・クロッパーがツアーから離脱し、チャーリー・フリーマン(元メンバー)が復帰する。ツアー中、フィラデルフィアにて人気音楽番組「アメリカン・バンドスタンド」に出演した。

1962年初め、1stアルバム「ラスト・ナイト」をアトランティック・レーベルから発売(スタックス制作の初アルバム)。同年、2ndアルバム「ドゥ・ザ・ポップ-アイ」を発表するが、同年夏、ダック・ダンが脱退。以後、断続的にツアーを続けるも、デビュー作以降は、ほとんどヒットしなかった。マーキーズ名義のシングルは、いずれも主にスタジオ・ミュージシャンの録音で、1963年1月までに計8枚リリースされたが、バンドは事実上解散状態になり、マーキーズのオリジナルメンバーは、1965年8月のロスアンゼルス公演での結集が最後となった。

1966年にマーキーズ名義でシングル「フィリー・ドッグ」がヒット(R&B 19位)、アルバム「グレイト・メンフィス・サウンド」が発売され、1967年モンタレー・ポップ・フェスティバルと、スタックスのヨーロッパ・ツアーにも同行したが、この頃のマーキーズは、ウェイン・ジャクソンアンドリュー・ラヴを中心にしたホーン隊(後のメンフィス・ホーンズ)、もしくはこのホーン隊にMG'sと、ブッカーTまたはアイザック・ヘイズを加えた陣容を指している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Last Night (Atlantic 8055)(1961)
  • Do The Pop-Eye (Atlantic 8062) (1962)
  • The Great Memphis Sound (Stax S707)(1966)
  • Back to Back (Stax S720) (1967)
  • Damifiknow! (Stax S2025)(1969)
  • Memphis Experience (Stax S2036)(1971)

シングル[編集]

  • Last Night/Night Before (Satellite 107)(1961)
  • Morning After/Diana (Stax 112)(1962)
  • About Noon/Sack O-Woe (Stax 114)(1962)
  • Foxy/One Degree North (Stax 115)(1962)
  • Popeye Stroll/Po-Dunk (Stax 121)(1962)
  • What's Happenin'/You Got It (Stax)(1962)