マンフレーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マンフレーディ
Manfredi
シチリア王
Manfred Crowned.jpg
戴冠するマンフレーディ
在位 1258年 - 1266年
出生 1232年
死去 1266年2月26日
ベネヴェント
配偶者 ベアトリーチェ・ディ・サヴォイア
  ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナ
王家 ホーエンシュタウフェン家
王朝 ホーエンシュタウフェン朝
父親 フリードリヒ2世
母親 ビアンカ・ランチア
テンプレートを表示

マンフレーディManfredi, 1232年 - 1266年2月26日)は、ホーエンシュタウフェン朝シチリア王(在位:1258年 - 1266年)。マンフレッドマンフレートとも呼ばれる。神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(シチリア王フェデリーコ)と愛人であるピエモンテ貴族ビアンカ・ランチアの間に生まれた。ハインリヒ7世コンラート4世(コッラード)、サルデーニャ王エンツォアンティオキア公フリードリヒ3世らの異母末弟。

生涯[編集]

1254年に異母兄コッラードが死亡した際、後を継いだ甥のコッラディーノはまだ幼く(2歳)、ドイツに住居していたため、シチリア摂政としてシチリア王領を実質支配した。1258年にコッラディーノが死んだという誤報を受け、シチリア王位を継いだ。間もなく誤報であることが判明したが王位を譲らず、その後北イタリア支配をめぐってローマ教皇と対立した。

1266年、ローマ教皇クレメンス4世の要請でフランスルイ9世の弟シャルル・ダンジューがイタリアに侵攻し、マンフレーディはベネヴェントの戦いで戦死した。シャルル・ダンジューは代わってシチリア王位に就くが、後にシチリアの晩祷が発生、続いてマンフレーディの婿であるアラゴン王ペドロ3世に敗れてシチリア島を失い、ナポリ王国とシチリア王国の分立に至る。

マンフレーディの残された家族である2番目の妻ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナエピロス専制公ミカエル2世息女)とその間に生まれた子供たちは、祖父フリードリヒ2世が築いた城カステル・デル・モンテ世界遺産)に幽閉された最初の囚人となった。

家族[編集]

1247年サヴォイア伯アメデーオ4世の娘ベアトリーチェ・ディ・サヴォイアと結婚し、1女をもうけた。

エピロス専制公ミカエル2世の娘ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナと再婚し、以下の子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Karl R. Schnith. Mittelalterliche Herrscher in Lebensbildern. Von den Karolingern zu den Staufern.Styria Premium, 1990. Stammtafel