ベアトリーチェ・ディ・ホーエンシュタウフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベアトリーチェ・ディ・ホーエンシュタウフェン
Beatrice di Hohenstaufen
Beatrice of Sicily as Antiope.jpg

出生 1260年
死去 1307年
配偶者 レーニエ・ゲラルデスカ
  サルッツォ侯マンフレード4世
子女 カテリーナ
フェデリコ
家名 ホーエンシュタウフェン家
父親 シチリア王マンフレーディ
母親 ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナ
テンプレートを表示

ベアトリーチェ・ディ・ホーエンシュタウフェン(Beatrice di Hohenstaufen、1260年 - 1307年)、あるいはシチリアのベアトリーチェ(Beatrice di Sicilia)は、シチリアの王女。シチリア王マンフレーディと王妃ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナの子。

生涯[編集]

ヘレナ・アンゲリナ・ドゥーカイナエピロス専制侯国の公女で、マンフレーディの2番目の妃だった。ベアトリーチェは、母ヘレナが18歳のときに生まれた。

1266年、父マンフレーディが戦死すると、母ヘレナはベアトリーチェらを連れて逃走しようとした。しかしベアトリーチェと母ヘレナや兄弟たちは囚われの身となり、敵方のシャルル・ダンジューによってカステル・デル・モンテ城(世界遺産になった)に監禁された。6歳から22歳までのあいだ、ベアトリーチェは牢獄の中で育てられた。

ベアトリーチェは1282年に解放された。その後、レーニエ・ゲラルデスカの妃となったが、サルッツォ侯マンフレード4世に奪われてその妃となった。ベアトリーチェは、マンフレード4世の子を2人(カテリーナ、フェデリコ)生んだ。1307年にベアトリーチェが亡くなると、マンフレード4世はイザベラ・ドリアという新しい妻を迎えた。