フェデリーコ2世 (シチリア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェデリーコ2世
Federico II
シチリア王
Federico III.jpg
在位 1296年 - 1337年
出生 1272年12月13日
アラゴン連合王国カタルーニャ君主国Aragon.pngバルセロナ伯領バルセロナ
死去 1337年6月25日
Bandiera del Regno di Sicilia 4.svg シチリア王国パレルモ
配偶者 エレオノーラ・ダンジョ
子女 一覧参照
王家 バルセロナ家
王朝 アラゴン朝
父親 ペドロ3世
母親 コンスタンサ・デ・シシリア
テンプレートを表示

フェデリーコ2世(Federico II, 1272年12月13日 - 1337年6月25日)は、シチリア王(在位:1296年 - 1337年)。アラゴン王兼シチリア王ペドロ3世(ピエトロ1世)と、シチリア王マンフレーディの娘コスタンツァの間に三男として生まれた。

生涯[編集]

ペドロ3世は1285年に死去し、アラゴンを長男のアルフォンソ3世に、シチリアを次男のジャコモ1世に残す。アルフォンソ3世は1291年に死去し、ジャコモ1世がアラゴン王ハイメ2世になり、フェデリーコがシチリアの摂政となった。1296年にハイメ2世がシチリア王位を放棄、フェデリーコがシチリア王フェデリーコ2世に即位した。

シチリアの所有権を巡るアンジュー家バルセロナ家の争い(シチリア晩祷戦争)は続いており、バルセロナ家はイタリアでは成功していたものの、内紛とフランスの攻撃によってスペインにおけるハイメ2世の地位は危うくなっていた。ナポリカルロ1世による和平交渉が行なわれていたが、続けざまに起きた2人の教皇の死によって中断していた。さらにカルロ1世の息子カルロ2世の画策で、教皇からアラゴン本国に対しシチリア攻撃の命令が下され、アラゴンからフェデリーコ2世のために派遣されていた高官や軍隊がそのままフェデリーコ討伐軍として攻撃を始めるという絶体絶命の危機に曝されるが、フェデリーコの奮闘によって辛うじて退けることに成功する。

その後、カルロ2世との間で和平が成立し、1302年にカルロ2世の娘エレオノーラ・ダンジョと結婚した。1321年に長男のピエトロ2世を共同統治者に任じた後、国家整備を推し進め、周辺諸国からの干渉を防ぐことに成功した。

家族[編集]

エレオノーラとフェデリーコ2世の間には5男4女が生まれた。

フェデリーコ1世[編集]

フェデリーコ2世の曾祖父である神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世は、シチリア王としてはフェデリーコ1世となるが、イタリア語名による神聖ローマ皇帝の呼称「フェデリーコ(=フリードリヒ)2世」がそのまま誤用されて「シチリア王フェデリーコ2世」と呼ばれることが多い。そのため本来のシチリア王フェデリーコ2世のことを「フェデリーコ3世」と誤記されることがある(フリードリヒ2世の後継者として自ら「フェデリーコ3世」を称したともされる[1])。

脚注[編集]

  1. ^ 北原、p. 184

参考文献[編集]

  • 北原敦 編 『新版世界各国史15 イタリア史』 山川出版社、2008年
先代:
ジャコモ
シチリア王
1296年 - 1337年
次代:
ピエトロ2世