マンドリル属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンドリル属
マンドリル
マンドリル
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Eutheria
: サル目(霊長目) Primate
亜目 : 直鼻猿亜目 Haplorrhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : オナガザル上科
Cercopithecoidea
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科
Cercopithecinae
: マンドリル属 Mandrillus
学名
Mandrillus
(Ritgen, 1824)
タイプ種
Simia mormon & Simia maimon
Linnaeus, 1766 & Alstromer, 1766
( = Simia sphinx Linnaeus, 1758)

マンドリル Mandrillus sphinx
ドリル Mandrillus leucophaeus

雄のマンドリルの頭蓋骨

マンドリル属Mandrillus)とはマンドリルとその近縁種であるドリルが属するサル目(霊長目)オナガザル科である。これら2種は近年までヒヒ属に属する単一種の亜種とされてきた。マンドリル属の両種は長く延びた口吻の両脇に長い筋を持つ。成体の雄マンドリルの筋は青く、ドリルの筋は黒い。両種は地上性で、中部アフリカ多雨林または時に草原に生息する。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]