オナガザル科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オナガザル科
ダイアナモンキー
ダイアナモンキー Cercopithecus diana
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
亜目 : 直鼻亜目 Haplorrhini
下目 : 真猿型下目 Simiiformes
小目 : 狭鼻小目 Catarrhini
上科 : オナガザル上科
Cercopithecoidea Gray, 1821
: オナガザル科 Cercopithecidae
学名
Cercopithecidae Gray, 1821[1]
和名
オナガザル科[1][2][3]

オナガザル科(オナガザルか、Cercopithecidae)は、霊長目に分類される。別名旧世界ザル狭鼻猿[2][4]

形態[編集]

歯列は門歯が上下4本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下4本、大臼歯が上下6本の計32本[2]。大臼歯には咬頭が4つあり、前方の咬頭と後方の咬頭が側面で繋がり稜歯となる[2]。臀部に角質部(尻だこ)がある[1][2]

分類[編集]

ヒト上科とは3600 - 2700万年前または3800 - 2500万年前に分岐したと推定されている[5]。オナガザル亜科とコロブス亜科の分岐年代は、1620 - 1450万年前や1800 - 1100万年前などの説がある[5]

以下の現生種の分類・和名・英名は日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ(2018)に従う[3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 岩本光雄「サルの分類名(その2:オナガザル,マンガベイ,ヒヒ)」『霊長類研究』第2巻 1号、日本霊長類学会、1986年、76 - 88頁。
  2. ^ a b c d e 河合雅雄 「森林で適応拡散したサル類のなかで、オナガザル類は熱帯雨林からサバナまで生活の場を広げた。」『動物たちの地球 哺乳類I 7 ニホンザル・ゲラダヒヒほか』第8巻 43号、朝日新聞社、1992年、202 - 204頁。
  3. ^ a b 日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ 「日本モンキーセンター 霊長類和名リスト 2018年11月版」(公開日2018年12月16日・2021年7月22日閲覧)
  4. ^ 岩本光雄「サルの分類名(その1:マカク)」『霊長類研究』第1巻 1号、日本霊長類学会、1985年、45 - 54頁。
  5. ^ a b 中務真人・國松豊 「アフリカの中新世旧世界ザルの進化:現生ヒト上科進化への影響」『Anthropological Science (Japanese Series)』第120巻 2号、日本人類学会、2012年、99 - 119頁。

関連項目[編集]