マルサック=シュル=ドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Marsac-sur-Don
Blason ville fr Marsac-sur-Don (Loire-Atlantique).svg

Moulin du Don.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) シャトーブリアン郡
小郡 (canton) ゲムネ=パンフォ小郡
INSEEコード 44091
郵便番号 44170
市長任期 アラン・デュヴァル[Note 1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du secteur de Derval
人口動態
人口 1475人
2012年
人口密度 53人/km2
住民の呼称 Marsacais
地理
座標 北緯47度35分47秒 西経1度40分45秒 / 北緯47.5963888889度 西経1.67916666667度 / 47.5963888889; -1.67916666667座標: 北緯47度35分47秒 西経1度40分45秒 / 北緯47.5963888889度 西経1.67916666667度 / 47.5963888889; -1.67916666667
標高 平均:m
最低:11m
最高:95 m
面積 27.68km2
Marsac-sur-Donの位置(フランス内)
Marsac-sur-Don
Marsac-sur-Don
公式サイト http://www.mairie-marsacsurdon.fr/
テンプレートを表示

マルサック=シュル=ドンMarsac-sur-Don)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

地理[編集]

県におけるマルサック=シュル=ドンの位置

マルサック=シュル=ドンは、県北部に位置し、シャトーブリアンの西26km、ナントの北43km、サン=ナゼールの北東54km、レンヌの南57kmにある。

マルサック=シュル=ドンは、ナントとレンヌをつなぐ国道137号線の近くにある。北から東を県道124号線が横切る。町の南にあるのは県道44号線である。町の西には県道125号線が通る[1]

ドン川がコミューンの第一の河川である。この川はヴィレーヌ川左岸に注ぐ支流である[2]。コミューンの西側には湖がある。ロシュ池とロシュ川はドン川につながっている[1]

コミューンはアルモリカ山塊の東側にある。コミューンの地層の一部は結晶片岩であり、コミューンにあるかつての採石場から石が切り出されていた。町の地質は灰色の地層が幾枚も積み重ねられたようになっている[3]

町の気候は海洋性気候である[4]

由来[編集]

コミューンの名の由来は2つの言葉からきている。最初のマルサックはマルシウス (Marcius)、ローマ発祥のラテン語の姓に由来する。ドンとはコミューンを流れる川の名である。

地元で話されるオイル語の一種、ガロ語で地名は Marsac となる[5]

歴史[編集]

旧採石場

我々は、古代のこの地に人の存在を証明する、人が使った道具を見つけている。これは紀元前3世紀から紀元前2世紀のものである。ガリア戦争後、村はローマの知事マルシウスのドメーヌの本拠地が置かれた。彼の名がコミューン名の起源である。トゥールのマルティヌスが4世紀にマルサックを通過し、ここに修道院を創設したという主張がされている。しかし、この建物の痕跡を現在見つけることはできない。これが、ロワール河口付近でのキリスト教伝道の始まりであった[6]

5世紀からブルトン人が土地を管理するようになった。888年、ブルターニュ王アラン1世指導下で、修道院は教区に根を下ろした。修道院は地元民の生活の大部分を占めていた[6]

18世紀から20世紀にかけ、採石場で結晶片岩の切り出しが行われていた。これらは切り出された後、主に石工がワイン用ブドウの支柱やカキ養殖ベッドに加工した[7]

経済[編集]

農業が経済の主要部分を占める。2000年時点、コミューンには48の農場があった。第一の農業活動は、酪農である[8]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1293 1227 1166 1197 1192 1200 1327 1475

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[9]、2004年以降INSEE[10][11]

脚注[編集]

  1. ^ a b Carte IGN de Marsac-sur-Don sur Géoportail.
  2. ^ « le Don (J79-0300) », sur Le Site du SANDRE (consulté le 14 mars 2011)
  3. ^ Jean Ogée, Dictionnaire historique et géographique de la Bretagne, vol. 2,‎ , p. 12
  4. ^ « Carte France - Climat », sur site CartesFrance.fr (consulté le 1er mars 2011)
  5. ^ « Villes bretonnes, noms gallo », Geobreizh (consulté le 18 mars 2013)
  6. ^ a b (Collectif 1999, p. 404)
  7. ^ (Collectif 1999, p. 405)
  8. ^ Présentation de la commune, sur le site de la mairie, consulté le 12 mars 2011.
  9. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=21363
  10. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  11. ^ http://www.insee.fr

ノート[編集]

  1. ^ Réélu en 2014.