マリット・アレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マリット・アレン(Marit Allen, 1941年9月17日2007年11月26日)は、イングランド出身のファッション・ジャーナリストで、衣裳デザイナーである。

来歴[編集]

チェシャー出身。父親はイギリス人、母親はノルウェー人。グルノーブル大学卒業[1]

1961年からファッション雑誌の編集に携わるようになる[1]。1963年から1973年までイギリス版「ヴォーグ」の編集として活躍した。働きながらセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでも学んだ。

映画監督のニコラス・ローグに勧められて映画衣裳に携わるようになり[1]、1980年から衣裳デザイナーとして活躍。2007年の『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』で英国アカデミー賞の衣裳賞を受賞、アカデミー賞にもノミネートされたが、2007年11月に脳動脈瘤のためにシドニーで死去した。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Costumer Marit Allen dies at 66”. Variety Magazine. (2007年11月30日). http://www.variety.com/article/VR1117976802.html?categoryId=25&cs=1 2007年12月12日閲覧。 

外部リンク[編集]