恋する人魚たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋する人魚たち
Mermaids
監督 リチャード・ベンジャミン
脚本 ジューン・ロバーツ
原作 パティ・ダン
製作 ローレン・ロイド
ウォリス・ニキタ
パトリック・パーマー
音楽 ジャック・ニッチェ
撮影 ハワード・アサートン
編集 ジャクリーン・キャンバス
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月14日
日本の旗 1991年10月12日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $35,419,397[1]
テンプレートを表示

恋する人魚たち』(Mermaids)は、1990年アメリカ合衆国の映画

クリスティーナ・リッチのデビュー作。ウィノナ・ライダーは本作でゴールデングローブ賞助演賞にノミネートされた。当初、長女役には、エミリー・ロイドが予定されていたが、母親役のシェールとはまったく似ておらず、娘に見えなかったので、ウィノナに取って代わられた。

ストーリー[編集]

1963年、若き大統領ジョン・F・ケネディに大衆が期待していた頃のアメリカ。マサチューセッツ州の小さな町に、フラックス家が移り住んできた。

シングルマザーのレイチェルは18回もあてどない引っ越しをくり返してきた自由人で、15歳の長女シャーロットはそんな母親に反抗してか、ユダヤ系にもかかわらずカトリックの修道女になるのが夢。水泳選手を目指すやんちゃ盛りの妹ケイトは、風呂場でトレーニングの毎日だ。

古い一軒家で新生活を始めたフラックス家だが、奔放なレイチェルは靴屋の店主ルーに、堅物のシャーロットも家の管理人であるジョーに、それぞれ恋をする。レイチェルはすぐにルーとベッドを共にするようになるが、彼を家族の一員にするつもりはなく、娘たちと仲良くするのも気に入らない。一方のシャーロットはジョーに恋い焦がれながらも、若くして自分たちを産んだ母と同じ道をたどることを恐れて、産婦人科通いや家出などの突飛な行動に出る日々。

しかし、町の仮装パーティで酔っ払ったレイチェルが、家まで送ってくれたジョーに勢いでキスをしたことから、シャーロットは嫉妬にかられて反撃を開始。母のお気に入りのドレスを無断借用して、修道院の鐘楼に寝泊まりするジョーと逢引きをする。彼女が初めての経験に夢中になっている時、外で待たせていたケイトがあやまって川に転落してしまう。幸い、ケイトは一命を取り留めるが、この一件でレイチェルとシャーロットは大ゲンカになる。町で悪い噂が立たないうちに今すぐ引っ越すという母に、ここに留まって高校を卒業したいと主張する娘。お互いに言いたい放題した結果、とりあえずの和解が成立した。しかし、シャーロットの恋はジョーが町を離れるという形で苦い結末を迎えた。

レイチェルは、親身に面倒を見てくれるルーと真面目に付き合う決心をし、家族ぐるみで旅行にも出かけるという大きな進歩を遂げる。ケイトは再び元気にプールで泳ぎ、シャーロットは逢引の一件でいちやく高校中の男子の憧れの的となる。 マサチューセッツでのフラックス家の生活は、新しいページをひらこうとしていた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京
レイチェル・フラックス シェール 佐藤しのぶ
シャーロット・フラックス ウィノナ・ライダー 矢島晶子
ルー・ランドスキー ボブ・ホスキンス 玄田哲章
ケイト・フラックス クリスティーナ・リッチ 大谷育江
ジョー マイケル・シューフリング 森川智之
ジャン・マイナー  
キャリー キャロライン・マクウィリアムズ
運転手 土田大
その他 堀内賢雄
仲野裕
一城みゆ希
五十嵐麗
寺内よりえ
千田光男
梅津秀行
幸田夏穂
星野千寿子
楠大典
鈴木琢磨
吉田孝
岡寛恵
柚木涼香
出口佳代
演出 高桑一
翻訳 高山美香
調整 蝦名恭範
効果 リレーション
担当 別府憲治
制作 ケイエスエス
初回放送 2001年3月25日
『サンデーロードショー』

参考文献[編集]

  1. ^ Mermaids”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]