マリア・コダマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコダマ (日本名 : 児玉)第二姓(母方の)はシュヴァイツァーです。
マリア・コダマ

マリア・コダマ・シュヴァイツァー(María Kodama Schweizer, 1937年3月10日 - )は、アルゼンチン作家翻訳家。夫は小説家ホルヘ・ルイス・ボルヘスであり、彼の法定相続人でもある。日系アルゼンチン人

経歴[編集]

建築家の父の子としてアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれた。父親は日系、母方はドイツ系。ボルヘスの本に感銘を受けて本人に会い、その教え子、助手になり、1986年4月26日に結婚した。だが、結婚のわずか2か月後の6月14日に、ボルヘスはスイスジュネーヴで病死した。ボルヘスの死後、マリアはボルヘス財団を設立して代表となった。