マナブ間部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マナブ 間部
原語名 Manabu Mabe
生誕 間部 学
(1924-09-14) 1924年9月14日
日本の旗 日本
熊本県宇土郡不知火町
死没 1997年9月22日(1997-09-22)(73歳)
ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州サンパウロ市
著名な実績 絵画
活動期間 1945 - 1997

マナブ 間部(まなぶ まべ、1924年(大正13年)9月14日 - 1997年(平成9年)9月22日)は、日系ブラジル人の画家。日本生まれであるが後にブラジルに移住し、同国を中心に活動した。マナブ・マベ間部 学とも表記される。

経歴[編集]

  • 1924年(大正13年) - 熊本県宇土郡不知火町(現・宇城市)の宿屋を営む父・宗一と母・ハルの間に生まれる。
  • 1934年昭和9年) - 10歳の時、両親と共に「ラプラタ丸」でブラジルへ移民。リンス市ビリグイコーヒー農園で働きながら育つ。
  • 1945年(昭和20年) - コーヒー園が霜の為全滅したこともあり、仕事の合間に油絵具を使って厚紙や板きれに絵を描き始める。
  • 1950年(昭和25年) - サンパウロ作家協会展に入選。徐々に注目を集める。
  • 1951年(昭和26年) - ブラジルの国展に入選。同年新潟県出身のブラジル移民よしのと結婚。
  • 1953年(昭和28年) - 画風が変わり、静物や人物をテーマにし、その物体の形をつよい線で描く画面構成となる。
  • 1956年(昭和31年) - この年から約7年をかけて、間部曰く『非具象構成派』とする絵を描き続ける。
  • 1957年(昭和32年) - 自らのコーヒー園を売却しサンパウロ市に移住。専業画家となるが生活は苦しく、ネクタイの染色や看板描きでしのいだという。
  • 1959年(昭和34年) - 4月、「レイネル賞展」においてレイネル賞受賞。同年9月、第5回サンパウロ・ビエンナーレ展で国内最高賞を受賞。その10日後には「第1回パリ青年ビエンナーレ展」受賞。この2つの受賞がアメリカタイム誌に『MABE黄金の年』として取り上げられ、世界的な知名度を上げた。このことがきっかけで絵も売れ始めたという。
  • 1960年(昭和35年) - 6月、「第30回ヴェネツィア・ビエンナーレ」でフィアット賞を受賞。
  • 1961年(昭和36年) - この年から1966年にかけて、ローマパリワシントンヴェネツィアミラノの各都市を個展巡回。同年アルゼンチン・コルドバで開催された「南米ビエンナーレ」で絵画部1位入賞。
  • 1979年(昭和54年) - 1月、故国の日本で開催された個展を終え、100点余の作品を積んだヴァリグ・ブラジル航空機が成田国際空港を離陸後に遭難(ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故参照)。代表作の大半を失う。間部はその後14年かけて喪失した1点1点を描き直したという。
  • 1993年(平成5年) - 12月、日本経済新聞に『私の履歴書』を連載。
  • 1997年(平成9年) - 6月、東京で開催された個展を最期に、9月、サンパウロ市内の病院で内臓疾患手術後の合併症のため死去。
  • 2008年(平成20年) - 6月、ブラジル移民100周年を記念して、サンパウロ市に「マナブ間部日伯近代美術館」が開館予定。

人物[編集]

  • 画風は初期は具象画、後期は暖かな色調・筆の抽象画へと大きな画風の変遷がある。
  • 間部の抽象画は「ブラジルのピカソ」とも呼ばれた[1]
  • 作品の多くは現在、生地の熊本県宇城市不知火美術館」に所蔵されている。
  • 子息のユーゴ・マベ(間部有剛)も画家として活動している。
  • アンティークマニアであり、アメジストの原石を所有していた。過去に日本のバラエティ番組でもその生活が紹介されている。[2]
  • ボサノバをよく聴いた。

画集[編集]

  • 神奈川県立近代美術館 編 『マナブ間部展:ブラジルの巨星=その熱い抒情』 読売新聞社、1978年
  • マナブ間部 『コーヒー園に雨が降る - マナブ間部自伝画文集』 日本経済新聞社、1994年、ISBN 453212252X
  • 宇城市教育委員会編纂発行 『宇城市不知火美術館収蔵 マナブ間部作品集』 2009年

出典[編集]

  1. ^ 出典:1997年9月24日付朝刊 朝日新聞
  2. ^ 1996年3月6日放送の世界お宝ハンティング 勝負は目利きで自宅を訪れた柴俊夫ちはるにアンティークのローマンガラスを5万円で譲った。鑑定額は40万円。

外部リンク[編集]