マダラヒタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マダラヒタキ
Ficedula hypoleuca -Wood of Cree Nature Reserve, Scotland -male-8a
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: キビタキ属 Ficedula
: マダラヒタキ Ficedula hypoleuca
学名
Ficedula hypoleuca
Pallas1764
和名
マダラヒタキ
英名
European Pied Flycatcher
亜種

マダラヒタキ(学名:Ficedula hypoleuca)とは、スズメ目ヒタキ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

体長は12-13.5cmで、重量は9-17gである[1]

三列風切羽の縁、外側の尾羽の先端を除き白色である。成長は体下面が白く、体上面はオス黒色メス灰色である。第一回冬羽は、成長に比べバフ褐色味がかかり翼と尾羽は黒色味が強い[2]

分布[編集]

主にヨーロッパから中央シベリアまでの地域、アフリカ北部で繁殖し、西アフリカ越冬する[1][3]

日本では1991年石川県舳倉島で、2006年には宮城県で、観察された記録が2例ある[4][5]

亜種[編集]

生態[編集]

主に森林に生息している。針葉樹林よりも落葉樹林を好む。他に低木地、サバンナ農耕地都市部にも生息する[3]

主に昆虫を摂食しているが、他の無脊椎動物や、果実も摂食する[3]

ヨーロッパでは4月下旬から6月下旬、アフリカ北部では6月上旬までの期間で繁殖する[3]

地上1.8-10mの樹木、壁、建物の穴などに枯れ葉植物の茎、コケ、根、羽毛などでを作り、3-10個のを産む[注釈 2][3]。 卵はメスが抱卵し、13-14日で孵化する。孵化するとオスも子育てを手伝い、12-17日間は巣で子育てをする[1]。子育ての期間の終わりには、1時間に20回ヒナに給餌し、巣立ち後もヒナは短い期間は親に依存する[1]

脚注[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本で観察された個体は、この亜種とされている[7]
  2. ^ 通常は4-8個の卵を産む[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cahiers d’Habitat « Oiseaux » - MEEDDAT- MNHN – Fiche projet Gobemouche noir, Ficedula hypoleuca (Pallas, 1764) (PDF)”. INPN. 2020年4月26日閲覧。
  2. ^ 永井真人 (2016). 鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 (2 ed.). 文一総合出版. pp. 155. ISBN 978-4-8299-7210-6 
  3. ^ a b c d e f BirdLife International (2018). "Ficedula hypoleuca". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. 2020年4月26日閲覧
  4. ^ 矢田孝 (1992年). “日本初記録のマダラヒタキの観察 (PDF)”. 日本野鳥の会. pp. 356. 2020年3月26日閲覧。
  5. ^ 齋藤 良: 宮城県におけるマダラヒタキの観察”. 日本野鳥の会. 2020年4月26日閲覧。
  6. ^ a b c HBW Alive Ficedula hypoleuca”. HBW. 2020年4月26日閲覧。
  7. ^ “日本産鳥類記録リスト (4)” (PDF). 日本鳥学会誌 (日本産鳥類記録委員会(日本鳥学会)) 53 (2): 115. http://ornithology.jp/iinkai/kiroku/record4.pdf 2020年4月26日閲覧。. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]