マグニトゴルスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マグニトゴルスク
Магнитогорск
州立技科大学
州立技科大学
マグニトゴルスクの市旗 マグニトゴルスクの市章
市旗 市章
位置
の位置図
座標 : 北緯53度23分00秒 東経59度02分00秒 / 北緯53.38333度 東経59.03333度 / 53.38333; 59.03333
歴史
成立 1929年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 ウラル連邦管区
 行政区画 チェリャビンスク州
 市 マグニトゴルスク
市長 ru:Виталий Викторович Бахметьев
地理
面積  
  市域 392.35 km2
標高 370 m
人口
人口 (2002年現在)
  市域 427800人
その他
等時帯 エカテリンブルク時間 (UTC+5)
郵便番号 455000–455051
市外局番 +7 3519
ナンバープレート 74, 174
公式ウェブサイト : http://www.mos.ru/

座標: 北緯53度25分 東経58度58分 / 北緯53.417度 東経58.967度 / 53.417; 58.967

1930年頃の製鉄所

マグニトゴルスクМагнитогорск, Magnitogorsk)はロシア連邦チェリャビンスク州の都市。ウラル山脈南部の東麓に位置し、町はウラル川の両岸に広がる。

概要[編集]

人口は427,800人(2002年)。住民の81.5%がロシア人。そのほか、ウクライナ人(4.3%)、タタール人(6.4%)、バシキール人(2.8%)など。

市名を約すると、磁石山岳市。ほぼ純粋な鉄でできたマグニトナヤ山にちなんで命名された[1]。多くの鉄鋼コンビナートがあり、ロシア連邦の鉄鋼業の中心の一つである。

歴史[編集]

18世紀のおわりごろに鉄鉱床が発見された。1929年6月に冶金工場が建設される。1931年に都市として登録される。1930年代に、スターリンによる五カ年計画によって急速に発展し、大規模な工場を中心にモノゴロドを形成した。かつては閉鎖都市であったが、ペレストロイカ以降は解放された。

かつて世界最大の製鉄所があるなど豊富な鉱量を誇っていたが、近年は涸渇しつつある。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マグニトゴルスク市。ロシアの鉄鋼業の中心ロシアNOW(2012年12月11日)2017年1月7日閲覧

関連項目[編集]