マクシミリアン・シュタードラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マクシミリアン・シュタードラー
Maximilian Stadler
Abbé Stadler 1813 J. B. Pfitzer.png
基本情報
生誕 1748年8月4日
オーストリアの旗 オーストリア メルク
死没 1833年11月8日(満85歳没)
オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト音楽学者作曲家
テンプレートを表示

マクシミリアン・ヨハン・カール・ドミニク・シュタードラーMaximilian Johann Karl Dominik Stadler1748年8月4日 - 1833年11月8日)は、オーストリア作曲家音楽学者ピアニスト聖職者としての働きに敬意を表し、アベ・シュタードラー(abbé Stadler)と呼ばれることもある。

生涯[編集]

シュタードラーはメルクに生まれた。彼は1766年メルク修道院ベネディクト会修道士会に入ってベネディクト会の修道士となり、1784年から1786年までは修道院長を務めた。1786年にリリエンフェルト英語版の修道院で、1789年にはクレムスミュンスター英語版の修道院で修道院長となった。

1791年からはリンツに、1796年からはウィーンに居を構えた彼は、モーツァルトの遺産を整理し、また帝国音楽記録係(Imperial Music Archive)を担当した。1803年からはニーダーエスターライヒ州グロスクルト英語版で教区の牧師として働くが、1816年からはウィーンに移って音楽に専念した。

シュタードラーは18世紀から19世紀への転換期のウィーンにおいて、音楽の世界で最も重要な人物たちの中で過ごした。彼はモーツァルトをはじめハイドンベートーヴェンシューベルトらと親交を築き、モーツァルトに関する著作を数多く遺した。また、彼はモーツァルトの未完成の作品の補筆完成も行っている。彼は未完に終わった「オーストリア摂政期における音楽の歴史に関する資料 Materialen zur Geschichte der Musik unter den österreichischen Regenten」に取り組んでおり、これはオーストリアの音楽に関する初めての歴史書であるとみなされている。彼の作品の大半はウィーンのオーストリア国立図書館楽友協会に収められている。

1823年から1824年にかけて、シュタードラーはアントン・ディアベリの「ワルツによる変奏曲集」の50人の作曲家の1人として参加した。

彼はウィーンで生涯を閉じた。

作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]