ヘルフタのゲルトルード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘルフタのゲルトルード
Santa Giustina (Padua) - Ecstasy of St. Gertrude by Pietro Liberi.jpg
神秘家、修道女
生誕 (1256-01-06) 1256年1月6日
不明
死没 1301/1302年
神聖ローマ帝国ザクセン州、ヘルフタ
崇敬する教派 ローマ・カトリック教会
列聖日 1677年 (相当)
列聖決定者 クレメンス12世
記念日 11月17日[1]
象徴 冠、百合、小蝋燭
守護対象 西インド諸島

ヘルフタのゲルトルード(Gertrud von Helfta, 1256年1月6日 - 1301/1302年)あるいは大ゲルトルート[2]、ドイツの神秘家、ベネディクト会の修道女で、人間に対して神の愛が無限かつ無償で注がれることを説いた『神の愛の使者』[3]とラテン語の祈祷集である『霊的修行』[3]を記したことで知られる。

生涯[編集]

両親や出身地については不明である[4]1261年にザクセン州のアイスレーベン近郊にあるヘルフタ修道院附属学校に預けられる[4]。幼少期から勉学に長け、特にラテン語を得意とした[5]。幼少期はアレクサンドリアのカタリナ聖アグネスに傾倒する[6]1280年の待機節から翌年2月2日まで、精神的な問題に見舞われる[5]。同年1月27日に神秘体験である聖籠の幻視を経て、霊的生活を開始し、神学を学ぶ[5]。神学ではアウグスティヌス大グレゴリウスクレルヴォーのベルナルドゥスサン・ヴィクトルのフーゴーについて学ぶ[7]。ゲルトルードはマクデブルクのメヒティルトハッケボルンのゲルトルードハッケボルンのメヒティルトらからも影響を受ける[8]。生涯ではそのラテン語を活かして多くの著作を執筆したものの、2002年時点で残っているのは『神の愛の使者』と『霊的修行』に限られる[3]。没年については1301年か1302年の11月17日と考えられている[1]

没後[編集]

1536年にケルンのカルトゥジア会士であるヨハネス・ランツベルグドイツ語版によって『神の愛の使者』のラテン語版が出版される[1]。1674年にベネディクト会全体でゲルトルードの祝日を祝うことの許可が下り、独自の聖務と讃歌で祝われるようになる[1]1678年にゲルトルードは『ローマ聖人録』に記載され、1783年に全ての教会でゲルトルードへの礼拝が許された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 小竹 2002, p. 611.
  2. ^ 狩野智洋 「マクデブルクのメヒティルト著『神性の流れる光』の社会的背景(1)私有教会制、修道院改革と11世紀に於ける異端の発生」 (pdf)、『言語・文化・社会』 (学習院大学外国語教育研究センター) 第13巻1頁、2015年3月NAID 120005612189http://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/3671/1/gengobunkashakai_13_1_18.pdf2017年12月2日閲覧 
  3. ^ a b c 小竹 2002, p. 607.
  4. ^ a b 小竹 2002, p. 604.
  5. ^ a b c 小竹 2002, p. 605.
  6. ^ 小竹 2002, p. 608.
  7. ^ 小竹 2002, pp. 605-606.
  8. ^ 小竹 2002, pp. 606-607.

参考文献[編集]

  • 小竹澄栄、上智大学中世思想研究所編、 「ヘルフタのゲルトルード 神の愛の使者 解説」、『女性の神秘家』、中世思想原典集成 (平凡社) 第15巻、2002年4月24日ISBN 4-582-73425-1