マカイロドゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マカイロドゥス
マカイロドゥス頭骨
マカイロドゥス頭骨
地質時代
中新世後期 - 鮮新世前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目 Feliformia
: ネコ科 Felidae
亜科 : マカイロドゥス亜科 Machairodontinae
: マカイロドゥス族 Machairodontini
: マカイロドゥス属 Machairodus
学名
Machairodus
Kaup1842
  • M. africanus
  • M. aphanistus
  • M. giganteus
  • M. oradensis
  • M. colorandensis
  • M. transvaalensis
  • M. alberdiae
  • M. copei
  • M. laskarevi
  • M. irtyschensis
  • M. kabir
  • M. kurteni
  • M. fires
  • M. ischimicus
  • M. schlosseri
  • M. palanderi
  • M. palmidens
  • M. inexpectatus
  • M. giganteus
  • (Amphimachairodus giganteus)

マカイロドゥスMachairodus)は、中新世後期から鮮新世前期にかけて生息した大型捕食者で、サーベルタイガーの1つ[1]哺乳綱 - 食肉目 - ネコ科 - マカイロドゥス亜科に属する。更新世のアフリカ大陸に現れたホモテリウム属の祖先であるとされる[2]

特徴[編集]

体長は約250センチメートル[3]肩高約120センチメートル[1]で、いわゆるサーベルタイガーの中では最大級。頭骨は約35センチメートルと身体に比して小さく、ライオンとほぼ同じ大きさであるが、前後にやや長い形態である為それよりも細面となる[1]

犬歯が長大なとなっており、それを用いて獲物を殺すという手段に特化したプレデターであるとされる。力強い前脚で捕らえた獲物を押さえ込み、喉元など柔らかい部分を狙って牙を突き立てたと推定されている。後肢がやや短く蹠行性に近い形態である為、獲物を追いかけて捕殺する事は出来なかったとする意見もある[4]。しかし、踵を地面に着けて歩行するクマも、疾走するウマに追いつく事も出来る為、待ち伏せの後、至近距離まで近づいた獲物に高速で襲い掛かり、気管や血管を引き裂いて止めを刺すという奇襲を用いたと推定されている[4]。獲物はプリオヒップス[4]コロンビアマンモスなど、自分と同じかより大きな草食獣であったとされる。狩りの手法としては、ライオンなどのように獲物が多いときは群れで行うが、獲物が少ない時期には単独または少数で獲物を探したと考えられている。

分布[編集]

アフリカ大陸ユーラシア大陸北アメリカ大陸に生息。マカイロドゥス属はユーラシア起源で、中新世後期の約800万年前にアフリカに侵入したと推定されている[5]。アフリカ大陸では、化石自体はそれ程多く見つかっていないものの[6]、同時代のネコ科の捕食者のなかでは中心的な存在であったと推定されている[1]

参考文献[編集]

  • 富田幸光『新版 絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄、岡本泰子、丸善、2011年、107, 109頁。ISBN 978-4-621-08290-4
  • Alen Turner、Mauricio Anton『アフリカの哺乳類:その進化と古環境の変遷』富田幸光訳、丸善、2007年、79 - 87, 188 - 190, 213, 216 - 217頁。ISBN 978-4-621-07834-1
  • 実吉達郎『サーベルタイガーとマンモスはどちらが強かったか:古代猛獣たちのサイエンス』PHP研究所、1990年、123 - 128頁。ISBN 4-569-52738-8

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『絶滅哺乳類図鑑』 109頁
  2. ^ 『アフリカの哺乳類』 81, 83頁
  3. ^ 『サーベルタイガーとマンモスはどちらが強かったか』 128頁
  4. ^ a b c 『サーベルタイガーとマンモスはどちらが強かったか』 126頁
  5. ^ 『アフリカの哺乳類』 79, 217頁
  6. ^ 『アフリカの哺乳類』 83頁

関連項目[編集]

剣歯虎
  • ホモテリウム - マカイロドゥス属の子孫とされる、大型剣歯虎。アフリカ大陸からユーラシア、北アメリカにまで進出している。ゾウなど大型獣に特化した捕食者である。
  • ディノフェリス - 同時代の捕食者。ほぼ同時期にアフリカに渡ったとされる。犬歯の構造の違いから、ニセ剣歯虎と呼ばれる事もある。
  • スミロドンメガンテレオン - 後の時代の剣歯虎。
同時代の生物