ネコ亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネコ亜目 Feliformia
Gaupen på Langedrag.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : ネコ亜目 Feliformia
学名
Feliformia Kretzoi, 1945

ネコ亜目(ネコあもく、Feliformia)は、哺乳類食肉目(ネコ目)の分類群である。ネコ型亜目ともいう[1]イヌ亜目姉妹群をなし、ネコ科とそれに近い科からなる。

なお、かつて使われた分類群の裂脚亜目 Fissipedia をネコ亜目と呼ぶことがあったが、まったく別の分類群である。裂脚亜目は、鰭脚類以外の、食肉目の大部分を含み(したがって、ネコ亜目も含む)、側系統なので現在は正式な分類群ではない。

特徴[編集]

ネコ亜目をイヌ亜目から分ける特徴は、中耳を覆う骨化した組織の鼓胞 (auditory bullae) である。イヌ亜目では主に内鼓室骨から鼓胞が構成される一方、ネコ亜目では主に外鼓室骨から構成されている。ネコ亜目よりも原始的な哺乳類においては、外鼓室骨は鼓膜を支持する輪状の骨であった[2]

進化史[編集]

ネコ亜目は古第三紀の後期始新世に出現した。最初に出現したのはニムラブス科で、北アメリカの後期始新世の地層からホプロフォネウスディニクティスが報告されている。ニムラブス科がアジアヨーロッパを介してアフリカ大陸まで分布を広げていた前期漸新世から中新世のころにネコ科も出現したと考えられており、プロアイルルススーダエルルスが初期のネコ科の代表である[2]

ニムラブス科にやや遅れて、アジアやヨーロッパの前期漸新世の地層からは最古のジャコウネコ科の化石が発見されている。ジャコウネコ科が前期中新世にアフリカ大陸へ分布を拡大するころ、ジャコウネコ科と祖先を共有するハイエナ科も出現した。ただし、ハイエナ科の初期の系統である小型のイクティテリウム亜科は前期鮮新世までに絶滅し、現在知られている系統のハイエナ亜科が出現したのは後期中新世のことであった[2]

分類[編集]

現生7科56属120種[3]、絶滅4科が含まれる。これらをいくつかの上科に分ける説もあるが、広く受け入れられている分類はまだない。

系統[編集]

英語版ウィキペディアより。ジャコウネコ科からオビリンサン科が分けられている。

ネコ亜目

ニムラブス科

ステノプレシクティス科

ペルクロクタ科

キノボリジャコウネコ科

オビリンサン科

バルボウロフェリス科

ネコ科

ジャコウネコ科

ハイエナ科

マングース科

マダガスカルマングース科

進化[編集]

ネコ亜目の進化

出典[編集]

  1. ^ 川田伸一郎 (et al.) (2018年6月). “世界哺乳類標準和名目録”. 哺乳類科学 (日本哺乳類学会) (第58巻別冊). doi:10.11238/mammalianscience.58.S1. 
  2. ^ a b c 冨田幸光、伊藤丙雄、岡本泰子『新版 絶滅哺乳類図鑑』丸善出版、2011年1月30日、108-111頁。ISBN 978-4-621-08290-4
  3. ^ a b c d e f g h Wilson, D. E.; Mittermeier, R. A., ed (2009) (英語). Handbook of the Mammals of the World. I. Lynx Edicions. p. 46. ISBN 978-8496553491